1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. エスティバンゴルフのクラウン凹凸ヘッド『ES460D』とは?

エスティバンゴルフのクラウン凹凸ヘッド『ES460D』とは?

エスティバンゴルフ

エスティバンゴルフはこのほど、クラウン形状が凹凸デザインのドライバーヘッド『ES460D』(8万5000円)を発売した。ドラコンプロである松谷伸次氏がデザインしたヘッドで、クラウンの剛性を高めることでインパクト時にクラウンの無駄な撓みを抑制。ボールへのエネルギーが余すことなく伝えられることによって、理想の飛距離を追求できるヘッドに仕上がっていると自信を漲らせている。

クラウンの凹凸形状は見た目のインパクトを表現するため、やんちゃなイメージがあるというトライバル(部族)模様を採用した。その溝の深さは2mm程度で、それによってクラウンの強度が増加するという構造だ。

また、ヘッド単体販売の商品には珍しい、ロフト角・ライ角の調整機能が付随したホーゼルを採用。1つのヘッドでロフト角8.5度から10.5度まで調整できるとともに、フェース角はマイナス1.5度~プラス2.5度まで、ライ角は60度~62度と、調整の幅が広く、多くのゴルファーにフィッティングできるように考えられている。

エスティバンゴルフ ソール
エスティバンゴルフ ソール

さらに、フェースは特殊なミーリング加工を施すことで、サイドスピンを軽減。加えてミーリングの効果を最大限に発揮させるために、フェース内側は偏肉加工を施して、安定したボール初速を追求している。

一見、奇抜なデザインが注目されるが、素材にも拘っていて、フェースには「Ti938」、ボディには「Ti811」と、それぞれ高コストのチタン材を惜しみなく採用。素材、デザインに拘ったエスティバンゴルフ。ドライバーは飛距離とインパクトというゴルファーには、一度試してみる価値はありそうだ。

問い合わせはエスティバンゴルフ、092-474-5607。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

エスティバンゴルフ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 匠ジャパンの2in1パターの実力を最新のパッティングトレーニングシステムで検証

  • EZONE CB701でヨネックス林田草樹社長が真剣勝負 5番アイアンで200ヤード狙える

  • ミズノプロに『 319 』と『 719 』が追加! 全6タイプの選び方

  • ピン上半期売上2.1倍のなぜ? 岡田健二副社長が動画で語る

関連記事

  • 7ピース構造の「X-DRIVE 703」

  • タイトリストVG3Cが3月デビュー

  • マグレガー、「マックテックNV‐FL」発表会を開催

  • ブラックIPで精悍な顔『D460L Ver2』

  • 伝統と機能美で選べるロイコレ

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説