1. 藤田寛之も絶賛 勝つために進化したヤマハ RMX。新しい時代に突入へ

藤田寛之も絶賛 勝つために進化したヤマハ RMX。新しい時代に突入へ

メーカー ヤマハ
この記事は約 3 分で読めます。 3,362 Views
ヤマハ発表会

ヤマハは本日、2017年10月6日から発売する『RMX(リミックス)』シリーズ2018年モデルの記者発表会を銀座のヤマハホールで開催した。発表会には、同社契約プロの藤田寛之、谷口徹、今平周吾、大山志保、大江香織、ユン・チェヨンも同席、すでにテストしているニューモデルの手応えなどを語った。

18年『RMX』は、常に進化を目指すゴルファーに向けて、ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアンの全てのクラブにおいて、今の自分を超える結果を提供するために進化を遂げたという。

ボール初速を上げる「ヘッドターンエネルギー構造」

『RMXドライバー』は、ストレート弾道で飛ばす『RMX 118』と、つかまえてもっと飛ばす『RMX 218』(11月3日発売)の2モデルをラインアップ。ヘッドターン時に打点がシャフト軸から遠くなるほどエネルギーが大きいことに着目し、フェースセンターをシャフト軸から遠くに配置した(16モデルよりも7㎜トウ側に移動)「ヘッドターンエネルギー構造」を新たに開発。また、ボディを極限までたわませて、初速アップを実現するボディ構造「スーパーデュアル弾力ボディⅡ」などを搭載した。

その結果、同社テストでは前モデルに比べて初速が0.9m/sアップ、飛距離も+5.5ヤードのアップを果たしたとのこと。

ボール初速と同時に、今回の『RMX』ドライバーは『RMX 118』『RMX 218』それぞれのユーザー特性に合わせた「ストレートボール構造」を搭載している。『RMX 118』は慣性モーメントを高め、サイドスピンを減少させることで、「ねじれない強弾道で攻められる」。また、『RMX 218』はフェースが開かないように、大きな重心角によってスクエアなインパクトを実現することで、「つかまった高弾道で攻められる」。ともに直進安定性が25%アップしたという。

藤田寛之も絶賛

『RMX 118』をテストした藤田プロは、「最大で7ヤードのキャリーアップ。今まで『RMX』ドライバーはコントロール重視というイメージでしたが、今回のモデルは(飛距離性能を含めて)新しい方向性を打ち出していますね」とその進化に目を見張った。また、今平プロは「昨年から15ヤードは飛んでいます」、大江プロも「5~10ヤードは伸びています」と高初速と直進安定性の効果が飛距離に結びついているという。

なお、ヘッド価格は『RMX 118』、『RMX 218』ともに4万3000円(税別)。ドライバー用シャフトは『FUBUKI AiⅡ50』(フレックス:S、SR、R、3万2000円)の他、『speeder661 EVOLUTION Ⅳ』(S)、『TOUR AD IZ-6』(S)、『Diamana RF 60』(S)をラインアップし、価格はともに4万2000円。

ドライバーの他、「高効率インパクト形状」「低重心ヘッド構造」により真芯で打つことを可能にした『RMX フェアウェイウッド/ユーティリティ』、トウとヒールのラウンドを強くした新開発「アクティブソール」により抜群の抜けを実現するという『RMX アイアン/ウエッジ』も投入していく。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ヤマハ発表会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証

  • 手に馴染む感覚 日本の気候に合わせたグリップ 「パーフェクトプロ」主力5モデルを徹底検証

  • 世界初 特許出願された全てPar3の新しいゴルフプレー「Game54」

  • フットジョイ「TOUR-S」レビュー。圧倒的な安定感でツアープロも続々とスイッチ!

関連記事

  • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

  • “探求主義”も”合理主義”も、ヤマハで自分の最大飛距離を手に入れろ!!

  • 藤田寛之も驚く新契約選手5名の顔ぶれ プロ戦略加速で一気呵成のヤマハ

  • ヤマハ飛びに自信の『インプレス』は、あのクラブより飛ぶんです!

  • ヤマハ、新生ぶっ飛びインプレスに自信

  • ヤマハファンサミット2016 参加者が語るYAMAHA愛