1. ニュース
  2. メーカー

PXG初の数量限定パター『バットアタック・ダークネス』登場。気になる価格は?

メーカー PXG 吉村真
PXG初の数量限定パター『バットアタック・ダークネス』登場

大富豪ボブ・パーソンズ率いるPXGはこのほど、1本13万9000円の120本限定パター『バットアタック・ダークネス』を発売した。

パター1本13万9000円は、なかなか手が出ない価格だ。PXG初のコレクションモデルで、日本市場には120本のみの入荷。マニア涎垂のアイテムと考えれば、この機を逃すわけにはいかないだろう。

軽量ボディとウエイトの効いたヒールトゥウイングという『バットアタック』のボディ全体をブラックにして、パター本体、グリップ、そしてパターカバーにも、創業者ボブ・パーソンズが所属したという米国第26海兵連隊のドクロをデザイン。

PXG初の数量限定パター『バットアタック・ダークネス』登場

日本代理店のJMCゴルフによれば、11月に販売を開始しているが、12月中旬時点で完売していないという。限定モデルがまだ手に入るかもしれない。

問い合わせはJMCゴルフへ、03-6459-2201。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

PXG初の数量限定パター『バットアタック・ダークネス』登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 町工場とプロがコラボしたグリップ 『√Bee(ルート・ビー)』

  • 地クラブの神髄 – 中条『KP-01』

  • パターのトレンドが変わる時代の スーパーストロークの存在意義

  • フライハイトから 『THE-G フォージドアイアン ミッドサイズ』を発表

関連記事

  • PXG二世代目のアイアン『GEN2』は初代と何が違うのか?

  • PXG創業者ボブ・パーソンズ来日、日本のゴルフ市場と松山英樹ついて語る

  • PXGのXシリーズが6月発売予定!