• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ゴルフ5で横峯さくらがゼクシオ10のトークショー

    片山太郎
    1990年、宮崎県生まれ。 2013年に埼玉県駿河台大学現代文化学部卒業。 同年「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社入社。動画の撮影・編集担当となりゴルフ業界の動向を撮影したり、新...
    SNSでシェアする
    12月8日、ゼクシオ10の発売を翌日に控えたダンロップスポーツは、ゴルフ5 プレステージ日本橋店にて横峯さくらを招いてのトークショーを開催した。当日は平日の昼間という中、同プロを一目見に多くの観客が殺到、30分という短い時間ながらも、ここがすごい「ゼクシオ10の魅力」について、横峯プロが大いに語った。 171213_dunlop2 「(ゼクシオ テン ドライバーの良いところについて)一番違うのはまず初速です。どれくらい違うかというと前作より5~10ヤードは確実に飛びます。そして方向性も良くすごく優しいので、プロは勿論、アマチュアにもお勧めできるクラブに仕上がってるんじゃないかと思いますね」 壇上ではゼクシオ10の魅力について、横峯プロはそう語る。プロデビューからゼクシオを愛用し「もはや相棒」と語る彼女の言葉には、まるで熱が籠っているかのよう。 「それでいて嬉しいのは、ヒール部分に当たってもしっかり飛んでいくこと。私は結構ヒールに当たりやすい方なんですけど、それをしっかりサポートしてくれるのがとても良いです。これについては是非試打して確かめてみて欲しいですね」 前作から替える時も、さしたる違和感はなかったと語る横峯プロ。 それではアイアンの方はどうか。 「アイアンも、前作より飛距離性能が格段にアップしたと感じました。もちろん、ドライバー同様にやさしさもあってスイートスポットも広い。ミスショットがミスにならないということは、その分短い番手で打てる(ボールが上がる)ことにつながるので、本当に助かりますね」 171213_dunlop3 この他にも、抽選で当たったゴルファーに個人レッスンを指導したり、サイン入りのゴルフカバーやキャップの贈呈会なども催した。 ちなみに、このイベントが開催された翌日にゼクシオ10は発売されたが、結果は上々。さる販売店によれば、前作のゼクシオ9を凌ぐ勢いでドライバー、アイアンの単品に加え、セット購入の多さも目立つとのこと。発売一週間足らずで、早くもその実力を発揮し始めている。 下記の動画は、その時の流れを簡潔にまとめたもの。横峯さくらプロのインタビュー時の様子も併せて公開。
    あわせて読みたい
    芯を外さないゼクシオ10 平均飛距離5ヤードアップのカギを握る新構造
    2017年12月11日 02時10分
    この著者の記事
    「ひっかけを克服したい」。その悩み、永井延宏が答えます。
    2024年01月31日
    この著者の記事
    「スライスが直せない」。その悩み、永井延宏が答えます。
    2024年01月29日
    この著者の記事
    「FWが上手く打てません」。その悩み、永井延宏が答えます。
    2024年01月26日
    この著者の記事
    GEW新企画「永井クリニック」 ゴルファーの悩みをDr.永井が解決! 予告編
    2024年01月22日
    この著者の記事
    デザインチューニング、人事異動のお知らせ
    2023年10月04日
    → もっと見る
    タグ
    ダンロップ
    thumb

    すべて読み込まれました。