1. 朝日ゴルフ用品が「神戸ゴルフ総合研究所」を設立。その役割とは

朝日ゴルフ用品が「神戸ゴルフ総合研究所」を設立。その役割とは

 2018/01/05 メーカー 朝日ゴルフ用品
この記事は約 3 分で読めます。 2,735 Views

「ゴルフというスポーツを総合的に研究して、スピード感を高めていく。また、当社は1990年初頭にロジスティックセンターを設立(神戸市須磨区)して、本社機能も集約しましたが、場所柄、人材確保や情報発信に弱かった。研究所が位置する三ノ宮は神戸の玄関口だから、優秀な人材も確保しやすくなるでしょう」(内本浩史社長、画像左)

今年、創業60周年を迎える朝日ゴルフ用品は先頃、旧居留地に神戸ゴルフ総合研究所を開設した。

この地は1899年に返還された外国人自治区で、異国情緒溢れる街並みが特徴。同研究所は、日本のゴルフ発祥といわれる神戸ゴルフ倶楽部を作ったアーサー・グルームの旧事務所(グラバー商会)から南へ100mほどだから、ゴルフ界の未来を思索するには格好の地といえる。

同社はゴルフ問屋として創業したが、現在は「健康・健全創造企業」を旗印に新たな方向性を構築中。その活動拠点が研究所であり、初代所長の橋本貴紀課長(マーケティング担当、画像右)は、

「ここはゴルフクラブを研究する施設ではありません。社内のプロダクトマーケティングとGPS研究部門の計9名が異動して、主にゴルフに関する情報収集と発信機能を担います」

いわゆるモノからコトへの転進である。

自社製品の約5割を占めるGPS距離計

このような進路を決定づけた代表作が、GPS距離計の『イーグルビジョン』。ゴルファーの様々な履歴をインプットできる利便性がウケ、自社製品の約5割を占めるヒット商品に成長している。

昨年11月、取引業者を集めたコンペ『イーグルビジョンカップ』(兵庫県、花屋敷GCよかわC)ではカートナビ『EZ CART』を披露したが、最新の『イーグルビジョン』はスマホアプリの「リーダーズボード」で各チームのスコアと順位をリアルタイム表示でき、チーム全員の「総合飛距離」を競うドラコン大会もできるなど、製品を通じて新たなゴルフの楽しみ方を訴求している。

また、時代性に合わせたゴルフ文化の創造を企業ミッションに掲げる同社は今春、社名から「用品」を取ってコト消費を鮮明にする方針を明らかにしている。

「日本のゴルフ発祥地で未来を創造する」―。

今年還暦を迎える老舗企業は、ゴルフ雑誌の『バズゴルフ』を発行するなど総合化を模索してきたが、軸は「用品」を通じた新たなゴルフ文化の創出である。

「ゴルフ用品」の概念を独自の目線で変えることが、研究所の役割といえるかもしれない。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&ボイスコールの営業(外務省、宮内庁、旧富士銀行を担当)を経て
1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。
ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • ボールも飛距離モンスター!? ブリヂストンゴルフ『JGR』からゴルフボールを投入

    • ブリヂストン楳本社長退任、山田良二専務が昇格

    • テーラーメイド 飛んで曲がらない新製品『M3』『M4』を発表

    • 朝日ゴルフ用品が「神戸ゴルフ総合研究所」を設立。その役割とは

    関連記事

    • 熱中症対策に一石を投じる。高通気性キャップ『エアピーク』で真夏のゴルフを快適に

    • ボールも飛距離モンスター!? ブリヂストンゴルフ『JGR』からゴルフボールを投入

    • 賞金女王が絶賛 鈴木愛も認めたピンの飛び系『G700アイアン』

    • テーラーメイド 飛んで曲がらない新製品『M3』『M4』を発表

    • 技術は継いだが「後継ではない」 キャロウェイ庄司副社長が『ローグ』を語る

    • 「開発に4年!」杜仲茶のボールを開発したキャスコ高橋社長の意気込み