1. ニュース
  2. メーカー

ボールも飛距離モンスター!? ブリヂストンゴルフ『JGR』からゴルフボールを投入

メーカー ムービー ブリヂストンスポーツ 浅水敦
BS
180118_bs

“飛距離モンスター”の異名で昨年、大ヒットを記録したブリヂストンゴルフの「JGR」から待望のゴルフボールが3月9日投入される。正式なプレスリリースは2月下旬を予定しているが、先頃都内で開催された受注会で一足早く披露されたのでお伝えしよう。

ヘッドスピード40~45m/sが対象

新製品の『TOUR B JGR』ゴルフボールは、「飛距離モンスターボール」を開発テーマに”飛び”に特化したディスタンスボールの位置づけだ。

日本人男性の平均ヘッドスピード40~45m/s領域で最大性能を発揮できる設計&構造となっており、高初速・低スピンの両立に加え、打感の良さもセールスポイント。

同社のブランドマッピングは、HS40m/s以下→「PHYZ」、同45m/s以上→「TOUR B X」、「JOKER」を推奨しているので、『JGR』はその中間を担うことになる。

開発担当者に聞く

『JGR』ボールの詳細について、ブリヂストンスポーツ ボール商品企画宮川直之課長が次のように話す。

「“内軟外硬”設計が最大の特徴です。中心部から外側のカバーにかけて徐々に硬くなっていく3ピース構造を採用し、効率的にしっかり潰れて、かつ、弾くゴルフボールが完成しました」

また、開発段階のマシンテストでは、「JGR」ドライバーを使用しており、同クラブとの相性はお墨付きだとか。

価格はオープンで、カラーラインアップも豊富。ホワイト、パールホワイト、イエロー、オレンジ、パールピンクの計5色を用意している。

なお、下記動画ではボール商品企画宮川直之課長へ単独インタビューを行った。

 


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

180118_bs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ファイテン「技術参入に商機」コラボ戦略で描くゴルフの未来

  • レーサー中嶋一貴×バドミントン元代表池田信太郎がテーラーメイド「M5/M6」を語る

  • 石井忍主宰のインドアゴルフスタジオ「エースゴルフクラブ赤坂」オープン

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

関連記事

  • 5代目 NEW『PHYZ』はシニアクラブじゃない HS38m/s以下のあらゆるゴルファーにおススメ!

  • 宮里藍 引退後もスイングは健在! キレの良いアイアンショットを披露

  • ツアーB XD試打レビュー:初体験の打感、金属弦が初速を上げる!

  • 新ドライバー『TOUR B XD-3』は筋金入り! ブリヂストンスポーツ山田社長が動画で吠える

  • ボールも飛距離モンスター?TOUR B JGRボールの飛距離性能を検証

  • Bridgestone Golf 2018 春夏 – ブリヂストンゴルフ Webカタログ