1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 飛ばなくなったゴルファーへ クラブ作り60年 神の手が作ったアイアン

飛ばなくなったゴルファーへ クラブ作り60年 神の手が作ったアイアン

メーカー
  18,734 Views
「神の手」三浦勝弘が自らのために作った『IC-601』

職人歴60年、神の手と呼ばれる三浦技研の三浦勝弘会長をご存知だろうか?現在75歳の勝弘氏が自ら考え、自分同様に飛距離の衰えに悩みを持つベテランゴルファーでも使える鋳造中空アイアン『IC-601』を4月に発売する。

神の手が作った鋳造中空アイアン

「神の手」三浦勝弘が自らのために作った『IC-601』

「ゴルフクラブを作って60年になりました。20年間勤めに出て、独立して40年。クラブメーカーさんからのOEMを作っていましたが、24年ほど前からオリジナルを作り始めました。そのなかでプロやトップアマの意見を聞いてきました。それらの経験をさせてもらって、いままでクラブを作らせてもらいました。これからもお客さんにいいものを作っていきたい」

そう語った勝弘氏だが、75歳でも現役でゴルフをプレーしている。そのベテランゴルファーが飛距離に悩んでいる。それを解決したいとの想いで作ったアイアンが『IC-601』だ。

全番手フル中空でやさしくピンを狙える

「神の手」三浦勝弘が自らのために作った『IC-601』

『IC-601』は、4番アイアンからPWまでの全番手をフルインナーキャビティ構造にした設計で、やさしくピンを狙える中空アイアンヘッドに仕上がっているという。捉まりのよいグースネックやターゲットをイメージしやすいシャープなトップブレード、ワイドで滑りのよりソール形状など、三浦技研いわく、「グッドショットを約束するアイアンヘッド」――。

飛距離追求に455カーペンタースチール

「神の手」三浦勝弘が自らのために作った『IC-601』

力の衰えたベテランゴルファーが渇望するのが飛距離だろう。その飛距離を追求するためフェースに採用されたのが、「455カーペンター鋼」だ。過去、飛び系アイアンに多く採用された素材で、反発性能に優れているため、高初速を生み出すフェースになっている。また、アイアンの飛びに必要な高弾道を実現するために、バックウエイトビス(8g)を装着して深重心設計も施している。

7番アイアンでロフト31度

「神の手」三浦勝弘が自らのために作った『IC-601』

昨今の飛び系アイアンは7番アイアンでロフト角25度や26度とストロングロフトが多いが、『IC-601」は昨今の飛び系アイアンと一線を画している。そのロフトは7番アイアンで31度、クラシックロフトともいえる。同社によると、

「アイアンは距離を刻むクラブ。必要以上に飛んでも、止まらなければ意味が無い」

職人歴60年。まだまだ神の手は健在だ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

「神の手」三浦勝弘が自らのために作った『IC-601』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 幅広いゴルファーに対応!「ディアマナDF」を永井プロが試打!その評価は?

  • 高弾道×飛距離アップの「スピーダーエボリューション5」試打レビュー 永井プロの評価は?

  • 匠ジャパンの2in1パターの実力を最新のパッティングトレーニングシステムで検証

  • EZONE CB701でヨネックス林田草樹社長が真剣勝負 5番アイアンで200ヤード狙える

関連記事

  • 『CB-2008』にベストマッチの『MG-M01』ウエッジ

  • 4年ぶりの「CB-2000」シリーズリニューアルで『CB-2008』

  • 三浦技研初の鋳造ウエッジを発売

  • 三浦技研からカジュアルなキャディバッグが登場

  • 三浦から純鉄ウエッジ『MG―S01』

  • 三浦技研から『Y-GRIND』誕生