1. 「新生マルマン」の松下専務がマジェスティの今後を語る

「新生マルマン」の松下専務がマジェスティの今後を語る

メーカー ムービー マルマン
この記事は約 2 分で読めます。 4,842 Views
180125_maruman4

3期連続増収増益を達成したマルマンはこのほど、大規模な事業再編を行った。出山泰弘前社長が昨年11月末に退任し、同時に早期退職を募った結果28名の社員が退職。新たに技術者やマーケティング担当者を採用して、企業体質の転換を図る。

実は昨年6月、韓国のオーケストラ・プライベート・エクイティ(OPE)がマルマンの経営権を取得して、OPEの金在昱代表がマルマンの社長に就任するという伏線があった。

OPEは投資家から資金を集め、中堅規模の企業を再建して売却益を得るファンド(プライベート・エクイティ)であり、今後、基幹システムの入れ替えや工場への投資を意欲的に進める構え。

金社長と二人三脚で事業運営に当たるのが代表取締役専務の松下高広氏で、「二人代取制」による舵取りとなる。

焦点は、稼ぎ頭である『マジェスティ』をどのように再強化するかに尽きるだろう。このあたりを中心に松下専務に話を聞いた。なお、詳細は月刊ゴルフ用品界2月号に掲載予定。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

180125_maruman4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山太郎

片山太郎

1990年9月4日、宮崎県生まれ。
2013年に埼玉県駿河台大学現代文化学部卒業。
同年「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社入社。動画の撮影・編集担当となりゴルフ業界の動向を撮影したり、新商品のPV製作などを行っている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブリヂストンスポーツの新社長ってどんなヒト? 本誌だけに見せた山田良二氏の人柄動画

  • 「新生マルマン」の松下専務がマジェスティの今後を語る

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • 「開発に4年!」杜仲茶のボールを開発したキャスコ高橋社長の意気込み

関連記事

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

  • 「腕がなけりゃメシは喰えん!」マルマン杉山健三の極意を動画取材

  • 主役は杉山健三の「手」 マルマン『マジェスティ プレステジオ テン』発表

  • マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • maruman 2018 – マルマンWebカタログ