1. 『CG7』シリーズ2機種登場

『CG7』シリーズ2機種登場

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 208 Views

2機種の違いは、『CG7』がオフセットも多めで捉まりやすいアイアン。『CG7ツアー』は操作性のよさを追求するアイアンとして、ストレートネックを採用し、コンパクトでシャープなデザインのヘッドに仕上がっている。また、前者は素材に17-4ステレススチールを、後者はSUS431ステンレススチールを採用している点もターゲットによって使い分けている部分だ。

これらのアイアンの胆となるテクノロジーは次の3つ。

①360°ジェルバックテクノロジー
キャビティ部のソールとフェース全面に振動吸収剤を配置。インパクト時の余分な衝撃をヘッド全体で吸収するため、オフセンターヒットでもソフトな打感が実現する

②ダイナミック・マイクロ・キャビティ・テクノロジー
トップブレードの裏部分に小さなキャビティ部を施し、余剰重量をソール後方に再配分。低・深重心化で飛距離増大と方向性の向上が可能

③ヒール・トゥウェイトで慣性モーメントアップ
バックフェースの下方2点にウエイトを配置し、従来モデル比で約6%の慣性モーメントが増加

価格は『CG7』が6本組8万1900円、単品(#3、#4、DW、SW)が1万3650円。『CG7ツアー』が6本組8万8200円、単品(#2、#3、#4)が1万4700円となっている。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • Cleveland Golf 2017 FW Webカタログ

  • Cleveland GOLF 2017 Webカタログ

  • 中空軟鉄鍛造の大型マッスルバック『RAZZLE DAZZLE CSI-M FORGED』

  • 三浦から純鉄ウエッジ『MG―S01』

  • ダンロップスポーツ クリーブランド RTX F-GORGED

  • 飛距離と高弾道を両立した『BUCHI VS200+』