1. 502ツアーはこだわりアベレージへ

502ツアーはこだわりアベレージへ

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 218 Views

 
特筆すべきはドライバーで、銀シリーズの追加ラインアップとなるのが『GN502TOURドライバー』。昨年までの『502』と『501』を集約して『502銀』シリーズとして打ち出すことになる。対象者は銀シリーズのターゲットであるアベレージ層。中でもクラブに対する拘りを持ち、アスリートマインドのあるアベレージ層に向け訴求していく。
 
その特長は、ソール形状を変えることで重心位置を変えて重心角、重心深度、重心距離を変更した。それによって『GN502銀』と比較して捉まりすぎず、しっかり叩いても飛ばせるやさしいドライバーに仕上がっているという。
 
その為、450cm3、重心角25度、重心深度39・5mm、重心距離44mmに設定している。
 
また、シャフトには『GN502TOURドライバー』専用シャフトを装着。高弾性カーボンシートを採用して、バット、チップ部に使用することで低トルクのシャフトになっている。また、カラーリングも強さを表現するためにグリップやシャフトに赤を配置している。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • 「ギリギリ、全開。」新たな高初速へ プロギアが新RSシリーズを7月13日に発売

  • PRGR「RS-F」適合リストから除外へ

  • 『RS-F』自主回収で試されるPRGRの胆力

  • ギリギリの高初速でもっとやさしく飛ばす『RS』

  • 金eggドライバーに長尺&専用設計の『LONG‐SPEC』、高反発スプーンを追加

  • メジャー初の高反発PRGR投入へ「金egg」