1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 30年目の答え『R9』

30年目の答え『R9』

04年に投入した「r7quad」は、独自のムーバブルウェイトテクノロジー(MWT)を備え、クラブヘッドの重心位置(CG)を変えることにより弾道を変える技術を装備していたが、

「r7 quadの発売後5年で、ゴルフクラブ調節性の次なる革命を発表する時が来ました。これはそのバトンタッチに値する革新的な技術による”革命”といえるでしょう」(同社)―。

その特徴をひとくちで説明すると「トータルチューニング」に集約される。『R9』が備えているシステムは「フライトコントロール・テクノロジー(FCT)」と呼ばれるもので、レンチで捻ることにより、フェース角、ロフト角、ライ角を変えることを可能にするもの。

また、ヘッドには3つのウェイトカートリッジが配され、16g×1個、1g×2個のウェイトスクリューを装備している。

専用レンチで一度シャフトを抜き、シャフトを回転させて再装着するだけの手軽さで、その時間は僅か1分足らずである。

「『R9』ドライバーは計8つのポジションが可能となっており、ポジションの変更も簡単で、数秒しかかからない。ポイントは、フェースアングルがクローズ時にロフトが増え、オープンになるとロフトが減少することを認識するだけです」(同社)―。

過酷なツアーで戦うプロゴルファーはその日の調子により、微妙な調整をツアーバンで繰り返す。従来は、速乾性接着剤を用いても最短で20分の時間を要していた。これが『R9』では1分もあれば調整できてしまうのだから驚きだ。また、アマチュアゴルファーは、今まで工房に頼んでいた調整を自分でできるのだから申し分ない機能といえるだろう。スライサーなら、クローズ方向にフェースを向けた方が真っ直ぐに飛びやすいし、フッカーはオープン方向にすれば、引っかけを防げる、といったことがこれ1本でできてしまうのだ。

ヘッド形状は、r7スーパークワッドとr7リミテッドの中間といえ、新しいヘッド形状も特徴としている。

装着されるシャフトは、フジクラの新製品「MOTORE(モトーレ)」。FCT可変時、アドレスした際にシャフトデザインが気にならないようコスメに工夫を施している点も見逃せない。

価格及びラインナップはモトーレ:6万3000円▽モトーレF1:7万3500円▽モトーレスピーダー:8万4000円▽ツアーAD EV6、ディアマナ カイリ:各8万4000円。

ロフト角は8.5度、9.5度、10.5度(左用は9.5度、10.5度)があり、1個のヘッドで最大±3度の調整機能を持っている。

テーラーメイドゴルフはこの他、FCTテクノロジーを装備した『R9』のフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンなども同時発表している。

なお、動画ニュースでは「R9」発表会の模様を収録した。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • グローレに新シリーズ「G」を追加

  • BSセールスジャパン発足

  • テーラーメイドがゴルフアパレル発売で「ライバルはデサント」

  • テーラーメイドのドライバーが欧米ツアーでW優勝

  • 一度履いたらやめられない!?『アディパワーブーストBoa』って?

  • テーラーメイドゴルフ M2ドライバーを検証