1. ボルビック ビビッドの新ボールは、柔らかさと軽さを求めるゴルファーへ

ボルビック ビビッドの新ボールは、柔らかさと軽さを求めるゴルファーへ

メーカー
この記事は約 4 分で読めます。 2,106 Views
ボルビック

「当社は今春、艶消しのマットカラーボール『ボルビック ビビッド』の新モデル『ソフト』と『ライト』を新たに加えて、より多くのゴルファーに『ビビッド』を楽しんでもらえるラインアップを揃えます」と語るのは、『ボルビック』を発売するFDRの神谷秀樹社長。

世界初のマットカラーを採用した『ビビッド』は、従来のボールとは一線を画したデザイン、そして見た目だけではなくしっかりと作り込んだ製品が評価され、たちまち人気となった。

競合他社も『ビビッド』に追従したこともあり、マットカラーボールはゴルファーの間で盛り上がりを見せている。

マットカラーボールのパイオニアとして、他社の追随を許さない。そんな気合いを込めて4月から発売されるのが、『ソフト』(6000円/ダース)と『ライト』(5500円/ダース)だ。

既存のビビッドとの違いは?

Volvik VIVID & VIVID XT

では、既存の『ビビッド』と何が違うのだろうか。まずは、既存の『ビビッド』の特徴を、ゴルフライターの児山和弘氏に語ってもらう。

「『ビビッド』は、フィーリングはディスタンス系。カバーはアイオノマーでウレタンカバーのようなモチッとした感じはありませんが、適度に柔らかく、適度に弾き感もあって喰いつき感も少しあります。

通常のディスタンス系のフィーリングでドライバーのボール初速も速い。ひょっとすると、普段使っているツアー系のボールよりも飛ぶくらいです」と、飛距離性能の高いボールと児山氏は位置付けた。

 

新モデルは柔らかさと軽さがウリ?

一方、今春から発売される『ソフト』と『ライト』は、名前が示す通り、柔らかさと軽さで既存の『ビビッド』と差別化を図っている。その点を神谷秀樹社長に説明してもらう。

ソフトの特徴

「まず、『ソフト』は、初めて取り組んだマットカラーのウレタンカバーボールです。それだけでもインパクトがあると思いますが、大きな特徴は柔らかさ。

『ビビッド』の中でもコンプレッション70(ビビッドは75)と一番柔らかいモデルです。位置づけとしてはボルビックのウレタンカバーボール『S3』、『S4』同様にツアー系に属しますが、しっかりした打球感よりもソフトなフィーリングを好む人に向いています。

対象ヘッドスピードは33~42m/s。女子プロが使うと性能を上手く引き出せそうですね」

ソフトなツアーボールは、近年市場性が高まっているカテゴリーになるが、FDRではソフトなツアーボールという位置づけではあるものの、マットカラーのウレタンカバーボールという新たな市場創造を図ると意気込みを見せる。

ライトの特徴

「次に、『ライト』は、『ビビッド』よりも1g程度軽くしたモデルです。

私たちのテストでは、ボールは上限ギリギリ(45.93g)まで重くした方が空気抵抗に負けないで飛ぶという結果が出ていますので、無闇に軽さは追いません。

『ライト』の性能はほぼ『ビビッド』と変わりませんが、若干軽くコンプレッションも硬くしたことで、インパクトの際にフェース面でボールが滑るんですね。これによって、打ち出しが高くなって高弾道で飛んでいくというメリットを付加したモデルです」

『ライト』の対象ヘッドスピードは25~38m/s。女性やシニアなどヘッドスピードが速くないゴルファーでも自然とボールが上がり、空気抵抗に負けない力強いボールが打てるという。

また、コスメは『ビビッド』よりも軽さを印象づけるシャーベット調のマットカラーに仕上げるなど、見た目にも工夫を凝らしている。

下川めぐみプロが語るボルビックの印象

下川めぐみ

日本人初の契約選手である下川プロは、『ボルビック』の印象について次のように語った。

「『ボルビック』の『S3』をテストした時に、手に感じる柔らかな打感と飛距離性能が自分のプレースタイルに合っていると感じました。特にドライバーショットの飛距離が伸びたことと、弾道が安定したことが決め手になりました。

グリーン上ではイメージ通りによく止まってくれるところも気に入っています。『ボルビック』のイメージカラーであるオレンジは好きなカラーでもあり、今年は『ボルビック』のボールやアイテムとともに優勝を目指します」

ボルビックはドラコンでも大活躍

ボルビック社では、2年前から「LDJ(ロング・ドライバーズ・オブ・アメリカ)/世界ドラコン選手権」の冠スポンサーとして大会をサポート。

2017年の世界ドラコンランキング1位でボルビック契約のジャスティン・ジェームスは、435ヤードのビッグドライブを記録して優勝。さらに、シニア・ウィメンズの両大会でもボルビック契約選手が世界NO.1の称号を手に入れた。

国内のドラコン競技が、メディアに大きく取り上げられる機会は少ない。ただ、ドラコン専用のティーチングプロ団体が誕生、飛ばしの秘訣を知りたい一般ゴルファーからの問い合わせも増えているという。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ボルビック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • GIGA HS797ドライバーを試打検証 個性的な3モデルの実力は?

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?

  • 世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証

  • パーフェクトプロ主力モデルを徹底検証 日本の気候に合わせた手に馴染むグリップ

関連記事

  • ボルビック、カラーボールが英国で大ヒット

  • ゴルフボール新時代!?ボールの見え方で ゴルフがやさしく楽しくなる『Volvik VIVID XT』