1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 新ブランド「モトーレ」4月投入

新ブランド「モトーレ」4月投入

各シャフトの特性だが、

■「モトーレ スピーダー」(30~80g台)
世界初の7軸テクノロジーを採用することで、スイング中のブレを軽減。その結果、シャフトが作り出す適度なしなりがスイングスピードを速め、一気に振り抜いて飛ばすことができるスインガー向けのシャフト。

■「モトーレ F1」(50~70g台)
新技術「HITテクノロジー」を採用し、さらにシャフト先端に高弾道フープ層とケブラー繊維を積層することにより先端部を強化。その結果、インパクトゾーンのブレが少なく、パワーロスが少ないため、思い切り叩いて飛ばすことができる。

同社は「モトーレ」を今年の基幹商品として位置づけており、カスタム及びアフターでそれぞれ5割づつを計画している。

なお、動画ニュースでは、2月20日のゴルフフェア会期中に行われた記者発表の模様を収録した。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『スピーダーエボリューション Ⅳ』

  • フジクラ スピーダー TRを永井プロが試打 飛距離と安定性を両立した叩けるシャフト

  • FUJIKURA Speeder EVOLUTION Ⅲを検証

  • フジクラ ダイヤモンドスピーダーの性能は?永井プロが検証します

  • MCIの第2世代『MCI BLACK』は重量フローシャフト!

  • あのランバックスXが進化して登場!『タイプX』