1. ウイルソン『MAXTREAM』登場

ウイルソン『MAXTREAM』登場

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 100 Views

 
“MAXTREAM”とは、「MAXIMUM」(最高、最大)と「STREAM」(流れ)を合わせた造語で、最高にキレイな流線型を描いて飛ぶという意味を持つとか。
 
特長は「高反発大径コア」により高初速を生み出し、力強い弾道を可能にしたこと。「高性能カバー&440ディンプル」が弾きのよい軽快なフィーリングをもたらし、直進性に優れた弾道を実現することだという。
 
結果、ドライバーではしっかりとした手応えを感じ、パター・アプローチは柔らかい打感となっている。
 
詳細は以下のとおり
 
構造:1コア+1カバー(2ピース構造)
カバー素材:アイオノマー
対応ヘッドスピード:全領域
ドライバースピン性能:少ない
アプローチスピン性能:普通
弾道:中高弾道
 
パッケージは、若々しくエネルギッシュな中にも、緻密さを備えたというデザインに仕上がっている。
 
問い合わせはキャスコへ、0120-371-562。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

    • Bridgestone Golf 2018 春夏 – ブリヂストンゴルフ Webカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

    関連記事

    • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

    • 「開発に4年!」杜仲茶のボールを開発したキャスコ高橋社長の意気込み

    • キャスコが産学共同開発 杜仲茶の原料で作ったボール『BIO SPIN -TOCHU-』を発表

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

    • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る