1. 「新RSで269ヤード」 プロギア山本副社長の飛ばし命

「新RSで269ヤード」 プロギア山本副社長の飛ばし命

メーカー ムービー プロギア
この記事は約 2 分で読めます。 4,809 Views
180705_prgr1

「平塚(神奈川県)のテストセンターで269ヤード飛ばしました」

そう怪気炎を挙げるのは、プロギアの山本眞司副社長。54歳の男盛りは、ジム通いで体を鍛えているのだとか。

開発の総責任者でもあるだけに、自ら新『RS』の飛びを証明する必要がある。そんな職業的必死さが、ひしひしと伝わってくるのである。

今回もキャッチフレーズは「ギリギリ」――。

一昨年の「ギリギリ」(RS-F)は、いわゆる「高反発規制」に抵触して6000個のヘッドを全品回収した苦い経験をもつ。それだけに今回の新製品は、フェース面250箇所を2回にわたり全品検査するなど万全を期す。開発テーマは、インパクト直後のボールスピードを高める「高初速」に集中した。

「万全の検査体制を含め、ここまでギリギリを追求しているメーカーはありません」

ライバル不在を宣言するなど、終始強気の動画インタビューをお届けしよう。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

180705_prgr1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月に日本ゴルフジャーナリスト協会の会長に就任(現任)。

ほかにインタラクティービ(J:COM)番組審議会委員(現任)、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(現任)、大学ゴルフ授業研究会理事(現任)。

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「住友」を利用してGEに投資させたエリー・キャロウェイ  ゴルフ産業を創った男(8)

  • マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生

  • 若手の成長を阻む「永久シード」の廃止望む ゴルフ産業を創った男(7)

  • 「新RSで269ヤード」 プロギア山本副社長の飛ばし命

関連記事

  • ギリギリ第3弾、プロギア新RSドライバーはなぜ飛んで曲がらないのか?

  • 「ギリギリ、全開。」新たな高初速へ プロギアが新RSシリーズを7月13日に発売

  • PRGR「RS-F」適合リストから除外へ

  • 『RS-F』自主回収で試されるPRGRの胆力

  • ギリギリの高初速でもっとやさしく飛ばす『RS』

  • 金eggドライバーに長尺&専用設計の『LONG‐SPEC』、高反発スプーンを追加