• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 「新RSで269ヤード」 プロギア山本副社長の飛ばし命

    片山哲郎
    1962年8月3日生れ。月刊誌GEW(ゴルフ・エコノミック・ワールド)を発行する(株)ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長。正確、迅速、考察、提言を込めた記事でゴルフ産業の多様化と発展目指す。
    SNSでシェアする
    「平塚(神奈川県)のテストセンターで269ヤード飛ばしました」 そう怪気炎を挙げるのは、プロギアの山本眞司副社長。54歳の男盛りは、ジム通いで体を鍛えているのだとか。 開発の総責任者でもあるだけに、自ら新『RS』の飛びを証明する必要がある。そんな職業的必死さが、ひしひしと伝わってくるのである。 今回もキャッチフレーズは「ギリギリ」――。 一昨年の「ギリギリ」(RS-F)は、いわゆる「高反発規制」に抵触して6000個のヘッドを全品回収した苦い経験をもつ。それだけに今回の新製品は、フェース面250箇所を2回にわたり全品検査するなど万全を期す。開発テーマは、インパクト直後のボールスピードを高める「高初速」に集中した。 「万全の検査体制を含め、ここまでギリギリを追求しているメーカーはありません」 ライバル不在を宣言するなど、終始強気の動画インタビューをお届けしよう。
    あわせて読みたい
    「ギリギリ、全開。」新たな高初速へ プロギアが新RSシリーズを7月13日に発売
    2018年06月12日 03時20分
    この著者の記事
    月刊GEW 6月号でゴルフ業界の「円安事情」を特集
    2024年06月04日
    この著者の記事
    本間ゴルフ小川典利大社長が描く「ホンマ復活ストーリー」
    2024年06月02日
    この著者の記事
    PGA明神正嗣会長に聞く「他団体のレッスンプロが増えてる現状」
    2024年05月05日
    この著者の記事
    月刊GEW5月号でゴルフ界の「猛暑対策の遅れ」を特集
    2024年05月03日
    この著者の記事
    日本のゴルフ界とクラブ市場を総括する(7)
    2023年07月16日
    → もっと見る
    タグ
    PRGR
    ギリギリ
    RSシリーズ
    高初速
    thumb

    すべて読み込まれました。