• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 上半期210%のピン、10年連続増収へ飛び系アイアンi500投入

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    ピンゴルフジャパンは7月17日、都内会場でアイアン『i210』、飛び系ブレードアイアン『i500』、パター『ヴォルト2.0』、ジュニア専用クラブ『プロディG』を発表した。記者発表冒頭で岡田健二副社長は、日本市場におけるピンブランドの絶好調ぶりを説明する。 180717_ping1 「お陰様で、米国、欧州、韓国市場においても『G400』シリーズを含め好調に推移しています。その中で日本市場は、2018年の上半期(1月~6月)は昨対210%を記録しました」 絶好調の要因は、昨年9月に発売した『G400』シリーズが今年6月に発売10ヶ月目ながら国内市場でシェアトップに躍り出たことや、今年3月発売の『G400 MAX』ドライバーによって『G400』シリーズが再び脚光を浴びたこと、また、4月に投入した飛び系アイアン『G700』の販売が好調に推移したことなどを挙げている。 180717_ping2 2018年上半期210%は驚きの数字といえるが、今期で10期連続増収を目指すピンが今秋投入するのが、国内女子ツアーで計8勝を誇る『i200』の後継機種である『i210』、そして新たなジャンルという飛び系ブレードアイアン『i500』。 180717_ping3 会場に訪れた額賀辰徳プロは『i500』のデモストレーションを行い、#5アイアンで219.5ヤードを記録。「マッスルバックのような顔つきのぶっ飛びアイアン」と表現。その飛距離性能の高さを実証していた。 180717_ping5 尚、動画は記者発表会の模様を掲載した。近日中に岡田健二副社長のインタビューを掲載予定。
    あわせて読みたい
    賞金女王も絶賛 鈴木愛が認めたピンの飛び系G700アイアン
    2018年01月17日 00時16分
    ]
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    この著者の記事
    インドア施設がゴルフショップ店内にオープン GOLF NEXT 24有賀園ゴルフ西東京店に行ってみた
    2024年05月09日
    この著者の記事
    KBS MAX HL が登場! タメを感じながら驚異的な戻り『40RED』 勝手にしっかりタメて飛ぶ『42WIHTE』 HS50m/sでも叩きにいける『45BLACK』
    2024年05月07日
    → もっと見る
    thumb

    すべて読み込まれました。