• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ゴルフ業界求人
  • PGA会員専用求人
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

    片山三将
    1965年生まれ、東京都出身。 1992年「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社に入社。以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。 その一方、国際事業部の責任者...
    SNSでシェアする
    マルマンは10月12日、10代目となる『MAJESTY PRESTIGIO X(マジェスティ プレステジオ テン)』を発売する。このブランドは1998年に初代が誕生して以降、隔年でモデルチェンジをし、今年20年目を迎える。この間、累計で150万本を販売、プレミアムブランドとして成長してきた。 同じく10代目を迎えた『ゼクシオ テン』はシニア層を中心とした盤石のブランドだが、プレミアム市場では『マジェスティ』の強さが光る。かつて、様々なメーカーが「フルセット100万円」の高級クラブを世に問うたが、『マジェスティ』に跳ね返される形で撤退した経緯もある。 『マジェスティ』をさらに強化したいとの思いもあり、マルマンは10代目を発売する直前の10月1日、社名をマジェスティゴルフに変更する。松下高広専務によれば「これからは北米市場を視野に入れる」など、大胆な世界戦略を描いている。そのあたりを含めて松下専務に聞いてみた。
    あわせて読みたい
    マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生
    2018年07月12日 04時32分
    ]
    この著者の記事
    数量限定発売の『SPECIAL SELECT JET SET』パター
    2022年10月04日
    この著者の記事
    『RZN』ブランドから3機種のボール が新たにデビュー
    2022年09月15日
    この著者の記事
    廃業寸前のゴルフ場が満員、ゴルフトライアスロンで町興し
    2022年08月05日
    この著者の記事
    ノーベル賞生理学医学を受賞した博士が考案したEGF配合『ヘブンリコ』ゴルフ業界デビュー!
    2022年07月29日
    この著者の記事
    ソフトな打感と卓越した飛距離性能を兼ね備えた『TOUR SOFT』が誕生
    2022年06月26日
    → もっと見る
    タグ
    マルマン
    マジェスティ
    マジェスティゴルフ
    thumb

    すべて読み込まれました。