1. ニュース
  2. メーカー

ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

メーカー マルマン 片山三将

マルマンは10月12日、10代目となる『MAJESTY PRESTIGIO X(マジェスティ プレステジオ テン)』を発売する。このブランドは1998年に初代が誕生して以降、隔年でモデルチェンジをし、今年20年目を迎える。この間、累計で150万本を販売、プレミアムブランドとして成長してきた。

同じく10代目を迎えた『ゼクシオ テン』はシニア層を中心とした盤石のブランドだが、プレミアム市場では『マジェスティ』の強さが光る。かつて、様々なメーカーが「フルセット100万円」の高級クラブを世に問うたが、『マジェスティ』に跳ね返される形で撤退した経緯もある。

『マジェスティ』をさらに強化したいとの思いもあり、マルマンは10代目を発売する直前の10月1日、社名をマジェスティゴルフに変更する。松下高広専務によれば「これからは北米市場を視野に入れる」など、大胆な世界戦略を描いている。そのあたりを含めて松下専務に聞いてみた。

世界中のゴルファーが高齢化している

社名とブランド名の一体化は、海外での「通名」をスムーズにすることも一因とか。『マジェスティ』(皇帝)の北米戦略は、ジャパンタウンやコリアンタウンという従来の限定的な市場ではなく、「白人層」に正面から切り込む構え。

背景には、世界的なゴルファーの高齢化があるという。どのような青写真を描いているのか?

シニアに寄り添うブランドをさらに鮮明化

マルマンによれば、『マジェスティ プレステジオ』の中心顧客である70歳以上のシニアゴルファーは増加傾向という。これに加えて、ゴルファーの加齢を考えれば今後10年は『マジェスティ』のビジネスは底堅く推移すると見込む。

そのため、『マジェスティ』をシニアに寄り添うブランドにしたいと語るが、一方で、40~50代の壮年層、あるいは30代にまで使用層を広げる考えはないのか? 現在『マジェスティ』は国内で『プレステジオ』『ロイヤル』『ヴァンキッシュ』の3本柱で展開しており、『ヴァンキッシュ』は年齢層を下げるための商品だった。

が、ここに大きなメスを入れていくと松下専務は語る。

強いブランドに集中して生き残る

ブランド展開に大鉈を振るうのは、『マジェスティ』だけではない。選択と集中で投資効率を高めることも必要だとか。

同社は『マジェスティ』のほかに『シャトル』『KS』『コンダクター』『べリティ』『フィガロ』などのブランドを揃えるが、これを見直して取捨選択を図るという。

気になるのが『コンダクター』の去就である。過去、このクラブの使用者が2度マスターズを制しているが、果して継続することになるのだろうか…。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アン・シネがプロモーションに一役買う『NO1グリップ』

  • 個性的だが誰もが親しめる『キース・へリング・ゴルフ』デビュー

  • ユーザーの認知度向上でマーケットが広がる『パーフェクトプロ』

  • 理想のパッティングが身につく“養成ギブス”『ダイヤプロパット』

関連記事

  • PLAY GOLF EASY フェースのどこに当たっても真っすぐ遠くへ飛ぶ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • 「腕がなけりゃメシは喰えん!」マルマン杉山健三の極意を動画取材

  • 主役は杉山健三の「手」 マルマン『マジェスティ プレステジオ テン』発表

  • マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター