1. ニュース
  2. イベント
  3. スタッツが2019SS展示会開催 デザイナー2人に独占インタビュー

スタッツが2019SS展示会開催 デザイナー2人に独占インタビュー

イベント メーカー この記事を書いた人:
 

ゴルフアパレルを手がけるスタッツは、2019SS展示会「STATS 2019SS GOLF COLLECTION」を開催する。

それに先立ち、同社が手掛ける全7ブランドの内、「Camicia Sportiva+(カミーチャスポルティーバプラス)」「CLAIR+PLUS(クレールプリュス)」のデザイナー2人に2019SSのPRポイントをインタビューした。

スタッツの片山良二社長によると、2つのブランドはデザイナーズブランドの位置づけで、デザイナー2人のコンセプトやウエアに対する想いが強く出ているという。その「想い」を感じてもらいたい。

Camicia Sportiva+は前を向いて歩くメンズゴルフウエア

Camicia Sportiva+のデザイナー竹本修氏(ヘイズワークス代表取締役)が2019SSに込めた想いを熱く語る。

Camicia Sportiva+

竹本修
ヨネックス時代の石川遼をウエアの面から支え、いわゆる「赤パンブーム」を巻き起こした。これまで12のブランドでデザインを手掛け、満を持して自らのブランド「Camicia Sportiva+」を立ち上げる。

「元々『カミーチャ・スポルティーバ・プラス』というブランドは、『カミーチャ・ビアンカ・スポルティーバ』というブランドが始まりで、当初は白一色のシャツのみの展開でした。そこにカラーとアイテムを『プラス』することで誕生したブランドが『カミーチャ・スポルティーバ・プラス』です。

そして19SSでは『Competition(試合)』をテーマに、新たに『Practice』というセグメントを展開します。

現行の『カミーチャ・スポルティーバ・プラス』がゴルフで言うところの決勝戦だったり、プロゴルファーで言うところのシード選手なら、『Practice』は練習・予選ラウンドで、普段はキャディをしながらシードを目指し戦っているといったイメージです。

そこから連想して、キャディバッグを担いで前を向いて歩いているゴルファーを背中側から見た姿をロゴとしてデザインし、胸の部分に配置します。『背中から見ている』というのがポイントです。けして寂しいわけではなく、『前向き』ということを表現しています。

また、戦うことから『国別対抗戦』をイメージして、例えば赤はアメリカ、ブルーはスコットランドのように、それぞれの国をイメージするカラーを使い、全7色をラインアップし、そこに国旗もデザインしています。

量販店での展開を視野に入れて、価格は従来品よりも抑えつつ、ストレッチ、吸水速乾、UVカット、抗ピリングなどの機能性を重視し、『着た瞬間の心地良さ』にこだわっています。

展開としては、従来の百貨店に加えて、量販店での展開を考えています」

※平均価格:シャツ 1万2000円、パンツ 1万4000円

 

CLAIR+PLUSはいつまでもかわいらしさを大切にする大人のレディスゴルフウエア

CLAIR+PLUSのデザイナー妹尾紗那江氏(クレールプリュス代表取締役)が2019SSに込めた想いを穏やかな口調で話してくれた。

CLAIR+PLUS

妹尾紗那江
数々のブランドでデザインを手掛けてきた実績を持ちながら今もなお、自らの足でショップを回り、トレンド感を養うことを怠らない。デザインには時代を見る目が必要だと同氏は語る。

「『クレールプリュス』がイメージする『大人の女性』は、色々な経験を積み、どこか余裕のある、自然体で洗練された素敵な女性です。

そんな『大人のゴルファーが着たいゴルフウエアーを作りたい』というのが始まりでした。当時は『ファッション性やデリケートな素材感』と『機能的なカッティングやスポーティな素材』といった相反する2つをミックスした、ちょっと手を伸ばせば買える価格帯の商品が市場にあまりありませんでした。それを叶えられるブランドが『クレールプリュス』です。

デザインの源は、アートやファッションに敏感な女性たちが大好きなチェコ・ヌーベルバーグの1966年公開の映画『ひなぎく』の2人のマリエ姉妹。19SSは、おしゃれな2人のマリエ姉妹がパリを飛び出してバカンスに出かけてハチャメチャに楽しんじゃうみたいな架空のシチュエーションがテーマになっています。

ブランド立ち上げから引き続き、女性らしさをわかりやすく表現するため、パール釦やレースなどの附属やホットフィックスのワンポイントマークをシンプルに使用しています。スカート丈もいち早く大人の女性が素敵に見える安心丈で提案しています。また、19SSからニット以外はメイド・イン・ジャパンで品質も良くなりますし、旬な感覚をタイムリミットギリギリまで追求して、お客様の気持ちにお応えしやすくなりました。

『クレールプリュス』は少ないアイテム数でシーズン初めから終わりまで、買い足しながらコーディネートを楽しんでいただくためのカラー構成を心がけています。ちなみにグリーンは19SSの注目色です。

2017年SSにデビューし、自分の中では程よく進化しているように思います。店頭の声もよく聞くように心がけています。嬉しかったのは『クレールプリュスのファンの方は、本当に素敵な大人の方が多いんですよ』と言ってもらえたことですね。

展開イメージとしては、従来のゴルフセレクトショップなどの展開と並行して、百貨店の編集売場での展開を考えています」

※平均価格:シャツ 1万6000~2万円、パンツ 1万9000~2万4000円

CLAIR+PLUS公式インスタグラム

STATS 2019SS GOLF COLLECTION

TOKYO
日時:2018年8月21日(火)~23日(木)
場所:東京都渋谷区恵比寿南1-20-9 さくらビル恵比寿南 3F、4F

OSAKA
日時:2018年8月28日(火)~30日(木)
場所:大阪府大阪市西区西本町1-8-21 GLADBLD 2F

問い合わせ

株式会社スタッツ
TEL:03-3441-2900
http://www.statsinc.net/


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢 晃弘

大矢 晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、携帯電話販売員の傍ら俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の新人記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 松山英樹監修!生まれ変わった「太平洋クラブ御殿場コース」でラウンドしてきました!

  • 本間ゴルフ『TW747』ドライバー・アイアンを試打しました!

  • NEW「太平洋クラブ御殿場コース」を生み出した松山英樹の挑戦状

  • リョーマのコンペにビートたけし登場 『リョーマアイアン』の試打評価は!?

関連記事

  • ニッキーはラウドマウス2017秋冬展示会で、メンズ12柄レディス6柄をお披露目

  • 成長中の「クランク」では、高まるアクセサリー人気

  • ゴルフウエアにスウェットも?「FICCE」の新たな展開

  • フットジョイ冬の高機能アパレルを発売

  • 2014FWタイトリストアパレル販売開始

  • スワンプツアーズから男性新ライン『5397』