• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • EZONE CB701でヨネックス林田草樹社長が真剣勝負 5番アイアンで200ヤード狙える

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    年をとって飛ばなくなると、ゴルフをやめたくなってしまう。目の前の池や谷が超えられない。セカンドショットではロング・ミドルアイアンが使えない。場合によっては「女性より飛ばないねえ」と、心ない言葉を浴びせられて。 「嗚呼、昔の飛距離を取り戻したい」。そう嘆くシニアは多いはずだ。 その願いを叶えようと企画されたのがヨネックスのアイアン。「男の自信を取り戻す」がコンセプトだ。軟鉄系としては同社初の飛び系アイアン『EZONE CB701』を9月に発売する。 その性能を証明すべく、林田草樹社長が真剣勝負に挑んだ。結果が出なければ売れ行きに響くとあって、真剣そのもの。開発担当者の稲垣稔氏も、祈るような表情で見つめている。 舞台は灼熱の熊谷ゴルフクラブ――。やり直し無しの4ホールマッチ。「林田草樹」という、如何にもゴルフと相性がよさそうな名前。初打ちという自社製品との相性や、如何に!

    5番でも届かない167ydsを6番で挑戦

    1ホール目はNo11のショート。いきなり『EZONE CB701』の出番。距離は実測167yds。林田社長は6番アイアンでティーショットに臨む。 そして2ホール目はNo15のPar4。距離は400ydsだが、林田社長はティーショットで飛距離を稼げない。第2打は200yds以上残ってしまった。それぞれが「五鉄」でグリーンを狙う。

    EZONE CB701は軟鉄鍛造で一番飛ぶアイアンを目指す

    4ホールマッチの後半の前に、林田社長、安本社長と『EZONE CB701』の開発背景を議論。ヨネックスにおけるゴルフ事業の位置づけについても聞いた。苦戦が続くゴルフ事業を、なぜ続けているのか? 林田社長は、色をなした。 「目先のことだけではありません。当社は自転車やスノーボードも手掛けますが、様々な製品を開発することで総合力が飛躍的に高まる。ゴルフもそうです。やり続けます!」

    いきなりショートでまさかの”やり直し”!?

    4ホールマッチの後半戦。3ホール目はNo17、距離は177ydsだが、気温34℃と酷暑ゆえの疲れか、三人三様のミスショット。まさかの打ち直し!? 果たして林田社長の打ち直しの行方は?  そして最終4ホール目はNo18、510ydsのPar5。それぞれがティーショットでナイスショットを披露するが・・・。
    あわせて読みたい
    飛び系アイアンの登場で「セット」が崩壊 ゴルフはどう変わるのか?
    2018年03月01日 22時02分
    この著者の記事
    『GOLF NEXT 24』のワイムシェアリングがスコアエントリー方式の 復興支援チャリティコンペが開催中
    2024年06月18日
    この著者の記事
    マイカスタム第10回 高反発と低振動シャフトで飛距離への執着を捨てた
    2024年06月01日
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    → もっと見る
    タグ
    ヨネックス
    thumb

    すべて読み込まれました。