1. ニュース
  2. メーカー

『モトーレ』装着の『MP』

メーカー 編集部

 
『MPクラフト425』の後継機種になる『S1』は、同社独自の鍛流チタンをフェースに、ボディにもすべて鍛造チタンを採用してことからMPらしい吸い付くような柔らかい打感が実現できたという。
 
「飯島プロも服部プロも『S1』を使用しています。比較的パワーのない女子プロには、425cm3のヘッドが振り抜きやすいとのことで、プロをサポートするメーカーとしてはサイズバリエーションとして用意しておきたかったのです。また、最近ではこのサイズのドライバーのニーズが確実にあります」(同社広報)
 
特筆すべきはサイズだけではない。実はこの『S1』、同社ドライバーとしては初となるブランドシャフトを装着してプロパー商品として販売するのだ。ラインアップは同社オリジナルの『クワッド』と藤倉ゴム工業の『モトーレ』装着モデルがそれだ。
 
同社が頑なに守る1モデル2年サイクル。その追加ラインアップという位置づけだが、より売場確保に繋がる人気シャフトを採用したということになる。
 
問い合わせはミズノへ、0120~320~799。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Wilson 2020 – ウイルソン Webカタログ

  • 【LIVE】キャロウェイ『マーベリック』発表会をライブ配信します

  • Kasco 2020 SS – キャスコ Webカタログ

  • 住友ゴム工業 川松英明スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • ミズノ、人事異動のお知らせ

  • 日本のゴルファー向けのやさしさと禁断のβチタンを採用した Mizuno Pro MODEL-E/S

  • ミズノプロ モデルEとSを試打 HS42m/sでも250ヤード飛んだ理由とは? 

  • ミズノプロにドライバー登場 原英莉花が飛距離1位宣言

  • 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説