1. 『V―460』に競技シャフト

『V―460』に競技シャフト

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 76 Views

『V-460』は同社が昨年12月に発売したアベレージモデル。形状は460cm3の体積を活かした投影面積の大きいシャローフェース。初級者・シニア仕様でもヘッド重量も充分で、インパクト時のエネルギーをしっかりとボールに伝達。そして同社独自の深すぎない・低すぎない「最適重心設計」を採用した結果、ボールが簡単に上がり、ボールの推進力も増加する。

『マグマックスFSPforアスリート』は同日単体販売されるが、プロゴルファーやアマチュアが競技で使用することを前提として開発したシャフト。振り切りやすさを重要視した60g台のシャフトで、競技で必要不可欠な方向安定性と飛距離性能の両立、さらにはスイングの再現性向上を重視。いつも同じリズム・同じスイングができるように設計されたシャフトだという。

今回のコンセプトは簡単なヘッドに飛びシャフトというもの。競技者が簡単に飛ばせることを目的としたドライバーで、ロフト設定はオリジナルシャフト装着モデルの9・5度、10・5度に加え8・5度も用意している。

問い合わせはマスダゴルフへ、047~750~7220。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • マスダから非力ゴルファーも飛ばせる『VP-6』

    • マスダがドラコンで表彰台独占