1. ニュース
  2. メーカー
  3. YouTubeで人気のプロが『スリクソン Zシリーズ』を試打!分かりやすい解説付き

YouTubeで人気のプロが『スリクソン Zシリーズ』を試打!分かりやすい解説付き

スリクソン Zシリーズ

『スリクソン Zシリーズ』は従来、アスリート向けモデルという印象が強かったため、アベレージゴルファーが手を出すには、ちょっとハードルが高いと思われていた。

しかし、9月に発売されたNEW『スリクソン Zシリーズ』はやさしいクラブの代表格『ゼクシオ』にも使用されているテクノロジーを搭載するなど、アベレージゴルファーでもやさしく打てるモデルに仕上げている。

そこで今回、シリーズの中でもやさしく飛ばせるとの評価が高い『Z585』モデルが、本当にアベレージゴルファーでも使えるのか、新宿御苑ゴルフスタジオの坂本龍楠(さかもと・りゅうなん)プロにテストしてもらった。

同プロは自身が運営するYouTubeのチャネル登録者数が8万8000人超という人気プロ。その分かりやすいレッスン内容でアベレージゴルファーのファンも多く、彼らのスイングの悩みも熟知する。果たして、エキスパートは『Z585』をどう評価するのか。その検証結果に注目してほしい。

スリクソンは難しいのでは?

NEW SRIXON(スリクソン)Zシリーズ

NEW『スリクソン Zシリーズ』は、国内男女ツアーでも使用者が多く、アベレージゴルファーにとっては憧れのモデルです。

持っていれば、ゴルフ仲間に一目置かれることは間違いありませんが、アスリートモデルの印象が強いせいか、アベレージゴルファーにとっては『難しくて使えない』印象があるモデルでもあります。

ただ、今作はやさしいクラブの代表格『ゼクシオ』のテクノロジーを搭載、シャフトも軽量化を図るなど、上級者以外でもやさしく飛ばせるクラブに仕上げているとの触れ込み。

実際、国内男子ツアーでフェアウェイキープ率1位の稲森佑貴プロがやさしさを求めて長年愛用した『ゼクシオ』から『Z585』にスイッチしたとも聞きました。

本当にアベレージゴルファーにとって『Z585』はやさしいのか。そこで今回、『Z585ドライバー』を中心に新しいZシリーズを検証してみました。

カット打ちのミスが未然に防げるヘッドデザイン

NEW SRIXON(スリクソン)Zシリーズ

アベレージゴルファーは、どうしてもヘッドが大きいとフェースが開いて戻らないという意識をもってしまいます。だから、ヘッドが大きくなればなるほどフェースが開いてしまうことを嫌がり、アドレスでフェースを被せて構えてしまう。

その結果、クラブの軌道がアウトサイドインのカットになってしまい、ボールに対して当てに行くようなスイングのミスにもつながってしまうわけです。

アベレージゴルファーはフェースを被せてつかまえようとするからカット打ちのミスになりやすい

しかし、『Z585』は大型ヘッドではあるものの、自然とボールがつかまえられるようにアップライトにデザインされているので、自然にスクエアに構えられ、正しいアドレスが取りやすい印象です。

『Z 585』ドライバーは構えた時に自然にボールが上がるイメージが湧くので、フェースを被せるミスが軽減されそう

そして、アベレージゴルファーのドライバーショットで一番多いミスがすくい打ち。どうしてもボールがティーアップされているので下からすくって打ちたくなるのですが、それが大きなミスにつながります。

ただ、『Z585』はシャローバックでクラウンの高さが低く見えるので、構えた時にボールを高く打ち上げてくれるイメージが出やすい。自分で上げようとする意識が軽減されるので、すくい打ちが減りそうですね。

従来の『スリクソン』のクラブは、硬くて重いハードな印象がありましたが、実際に握ってみるとヘッドの重さが効いていてシャフトのしなりも感じやすいですね。硬くて重いシャフトだと、どうしても自分の打つタイミングを探るためにワッグルが多くなってしまいがちですし、テイクバックの動き出しもスムーズにいきません。

だから、バックスイングを速く上げ過ぎたり、自分でシャフトを撓らせようとする動作が入るので、それが打ち急ぎのミスにつながってしまうのです。

ドライバーに装着されたMiyazaki Mahanaシャフトは適度なしなりを使ってやさしく振り抜ける

だけど、『Z585』は適度にしなるので1~2回ワッグルしただけでスッと打つ態勢が整うからテイクバックの動き出しもスムーズになります。あと、トップからダウンスイングにかけてもシャフトのしなりを利用できるので打ち急ぎも軽減されそうです。

軽トラックよりもダンプカーの方がブレない

また、『Z585』はスリクソン史上最大の慣性モーメント(MOI)ということです。MOIは周知の通り、ヘッドの動き難さの指標ですが、軽トラックとダンプカーで喩えるなら、ダンプカーは何かにぶつかってもブレないですよね。

『Z585』は正にダンプカーで、当たり負けや当たり外れが少ない。よって、多少芯を外しても直進性や方向性の良さが確保されます。アベレージゴルファーでもボールをしっかりと押し込める強さがありますね」

スリクソン Zシリーズは、すくい打ちが減る

スリクソン Zシリーズ

ドライバー同様、アベレージゴルファーのフェアウェイッド(FW)とハイブリッド(HB)で多いミスが、すくい打ちです。FWやHBは、そもそもボールを上げやすくするためにヘッドに奥行きを持たせてインパクトでロフトが上を向くように設計されています。

そういった特性のあるクラブにも関わらず、アベレージゴルファーは自分でボールを上げようとして下からすくって打ってしまう。クラブの特性と打ち方によって、地面にソールが突っかかってしまうミスがすごく多いんです。

しかし、『Z F85』と『Z H85』はフェースを少し高く設計しているのでボールをしっかりと前に飛ばしてくれるイメージが湧きやすい。これだと無理にすくい打たなくてはいけないという意識にならず、上からボールをしっかりとらえるスイングのイメージが湧きやすくなります。

実際に強い弾道も出やすいので、アベレージゴルファーがこの点を理解すれば、ロングショットの力強い武器になりそうです。

フェースを少し高く設計しているのでボールを前に強く飛ばせそうな『Z H85』

しかし、そうは言ってもアベレージゴルファーの中には、どうしてもFWやHBが苦手という人がいます。そんな人にはユーティリティの『Z U85』をおススメします。

このモデルは、アイアンよりはヘッドが大きく肉厚でボールも上がりやすいという特徴があります。また、アイアンと振り心地や打球感が近い。FW・HBからの流れではなく、アイアンの方が打ちやすいと感じる人は、アイアンからの流れでボールが上がりやすく距離も出やすいユーティリティを使った方がミスは減るでしょう。

自分でつかまえに行くミスが減りそう

アベレージゴルファーのアイアンショットで多いミスが、フェース面を大きく動かしてしまうことです。アイアンはウッドに比べて短いので、自分でクラブをコントロールしてボールをつかまえようとしてしまうんです。

その意識がなくても無意識にボールをつかまえたいという気持ちが強くなり、フェース面を大きく開閉してしまう。それがインパクトのブレにつながりミスを起こす原因にもなっています。

でも、『Z585』アイアンはドライバー同様、アップライトに見える形状なので自然とボールがつかまりそうなイメージが湧く。フェース面を大きく開閉して自分でつかまえにいかなくてもクラブがボールをつかまえる安心感があるので無理なスイングをする必要はありません。

アップライトに見えて自然にボールがつかまりそうな『Z 585』アイアン

あと、打ってみて感じたのがソールの抜けのよさですが、これは山型に削ってある形状が効いている感じですね。鋭角に上から入った時でも少し手前にダフって入っても、この山型のバンスが地面に当たって抜けがよくなる。

アベレージゴルファーのスイング軌道は不安定でインパクトの入り方もマチマチ。ソールの抜けがいいことでミスを軽減してくれるやさしいアイアンといえるでしょう。

スリクソン Zシリーズはスイングとスコアの向上につながるクラブ

アベレージゴルファーには難しいと思われた『スリクソン Zシリーズ』ですが、今回のテストでミスの多いアベレージゴルファーこそ使うべき要素が満載ということを感じました。

練習しながらスイングを作る過程でも、このようにやさしく振りやすいクラブを使っていた方が、アベレージゴルファーにはスイングとスコアの向上につながると感じます。

今回の試打クラブはこちら

スリクソン Z585ドライバー

スリクソン z585ドライバー
ロフト:10.5度、シャフト:Miyazaki Mahana、フレックス:SR

スリクソン Z F85 フェアウェイウッド

スリクソン Z F85 #4(シャフト:Miyazzaki Mahana S)
#4、シャフト:Miyazzaki Mahana、フレックス:S

スリクソン Z H85 ハイブリッド

スリクソン Z H85(#4、シャフト:Miyazzaki Mahana S)
#4、シャフト:Miyazzaki Mahana、フレックス:S

スリクソン Z U85 アイアン

スリクソン Z U85(#5、シャフト:N.S.PRO 950GH D.S.T. S)
#5、シャフト:N.S.PRO 950GH D.S.T.、フレックス:S

スリクソン Z585 アイアン

スリクソン Z585 アイアン(#5~9、PW、シャフト:N.S.PRO 950GH D.S.T. S)
#5~9、PW、シャフト:N.S.PRO 950GH D.S.T.、フレックス:S)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

スリクソン Zシリーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

  • カギは新素材!NEW『スリクソン Z-STARシリーズ』を詳しく解説

  • もちっと止まる「もち肌ボール」 畑岡奈紗も納得のNEW『スリクソン Z-STAR』

  • レーザー距離計 Volvik Range FinderV1(ボルビック レンジファインダーV1)の性能は?

関連記事

  • カギは新素材!NEW『スリクソン Z-STARシリーズ』を詳しく解説

  • もちっと止まる「もち肌ボール」 畑岡奈紗も納得のNEW『スリクソン Z-STAR』

  • ゼロ スリクソンで開発一新 ゼクシオとの切り分け術を動画説明

  • やさしく飛ばす「ゼロスリクソン」試打レビュー 反発エリア176%拡大でミスにも強い

  • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

  • 住友ゴム工業、役員異動のお知らせ