1. ニュース
  2. メーカー

本間ゴルフと契約のジャスティン・ローズ 14日に会見

メーカー 本間ゴルフ 浅水敦
ジャスティン・ローズ

かねてから噂されていた本間ゴルフとジャスティン・ローズが契約を締結。1月14日、ロサンゼルスで契約発表会を行うが、親会社のHonma Golf Limited と複数年契約を交わしたもので、グローバル化を一気に加速させる算段だ。

キーになるのが元テーラーメイドのトップ、マーク・キング氏がホンマの北米ビジネスに関わったこと。米国の現地法人は2年前に立ち上がり、それ以前は代理店が海外営業の形で販売していた経緯がある。

現在のトップ(COO)は元テーラーメイドのジェフ・レトルノ氏で、60歳で退職後ホンマに転職しているが、マーク・キング氏の正式な肩書はアドバイザー。昨期の北米の売上比率は5%未満、12~13億円の窮状でマーク氏が就任するやいなや起爆剤としてジャスティン・ローズ獲得に至っており、このあたりはかつてヘッドを白にした同氏らしい英断と言えそう。

米市場では『ベレス』が一部の富裕層に高級品として認知されており、顧客はアジア系が中心。今後は白人マーケットに4大メーカー、つまりテーラーメイド、キャロウェイ、タイトリスト、ピンの牙城へ日本ブランドのHONMAを訴求していくことになる。

その主軸となるモデルが『ツアーワールドTW‐747』で、日中米の三位一体経営の手腕が試される。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ジャスティン・ローズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スパイダーがさらに進化を遂げ、新たな2機種が誕生

  • 9色から選べる『カデロ2×2ペンタゴンデュオスペシャルUT』を永井プロが徹底解説

  • LEXIA(レクシア)ILシリーズ|アマチュアのアイアンショットの問題点を改善するシャフト

  • 強靭なしなり『プラチナムスピーダー』リニューアルされたモデルを試打

関連記事

  • 本間ゴルフ『ツアーワールド GS』アイアン試打!D1ボールとの相性は

  • 本間ゴルフ『ツアーワールド GS』ドライバー試打!+10yを超える驚き

  • ツアープロの要求に応えた高い完成度「T//WORLD TR20 B アイアン」

  • 本間ゴルフ『TW-X、TW-S』コスパ抜群のツアー系ウレタンボールを徹底検証

  • モノ&コトで挑戦するラグジュアリーブランド 本間ゴルフ『BERES』

  • 本間ゴルフ『XP-1』ドライバーのミート率を3球連続打ちで検証する