1. ニュース
  2. メーカー

「PGAショー2019」レポート

メーカー 大矢晃弘

世界最大のゴルフショー、第66回「PGAショー2019」が米フロリダ州オーランドにて、現地時間1月23日、ついに開幕した。今回は、その模様をレポートする。

メイン会場であるオレンジ カウンティ コンベンション センターの面積は約1万3000坪を誇り、1000以上の企業やブランドが出展。世界90ヶ国から4万人を超えるゴルフの業界関係者が集結した。

メインロビー横のエスカレーターを使って上の階に上ると、メディアセンターと呼ばれるメディア専用の部屋が用意されている。初日はこの部屋で、7時半より朝食がふるまわれた。

オープニングセレモニーまで少し時間があるとあって、まだ人はまばらだ。

8時15分、スージー・ホエーリー事務局長による「Good Morning!」の掛け声とともにショーのオープニングセレモニーが開幕した。

とは言え例年に比べてメインロビーは黒山の人だかりとまではいかない印象。本誌女子部での連載でお馴染み著述家の大隈里砂さんも

「例年は、PGAツアーのプロなどの有名人が出演してショーのような雰囲気なのですが、今年は少し違いますね」

と語るように、今年のオープニングセレモニーには米国の退役軍人が参加。ショーというよりも荘厳な雰囲気で例年と趣が違っていたようだ。

一方、出展社は例年と同じくこぞってショーのお祭り感を演出し、来場者の高揚感を煽ることを忘れない。

まずはタイトリストがオープニングセレモニーの直後に、ロビーのすぐ上の階にあるフォーラムを借り切って、オープニングプレゼンテーションを実施。PGAツアー若手のホープ、キャメロン・スミスらをテレビ電話で出演させ、ツアーでの実績をアピールした。

展示会場に目を移そう。まずはPGAフォーラムステージには、LPGAツアー通算72勝、メジャー10勝の実績を持ち2008年に引退した、アニカ・ソレンスタムが登場。PGAのコーチングの将来について語った。

続いて昼からは、欧州ツアー14勝、PGAツアー20勝の「ホワイトシャーク」ことグレッグ・ノーマンが登場。

各ブースにも目を移そう。ボルビックのブースでは、世界ロングドライブチャンピオンシップ覇者のモーリス・アレンが登場。サインと記念撮影会を行った。

ゴルフアパレルのラウドマウスのブースには、ジョン・デーリーが登場。

そして、ブリヂストンゴルフのブースには、レキシー・トンプソンが登場するも、第一声でマイクが入らないアクシデントが。

膨大な資金力を投じてショーに臨む出展社は上述のように、有名プロを呼んでブースの注目を集める。ある出展社によると、ショーの展示費用は先日のデモデー出展費用の30倍はかかるといい、今年出展を見送ったテーラーメイドは3億円以上の出展費用を投じていたと言われている。

一方、それ以外の出展社は意外性のある演出が集客の要だ。大手のパワーゲームに対して、小規模メーカーは世界マーケットに自社を少しでも知ってもらう場と考えているからだ。そんな体当たりの演出をいくつか紹介。

番外編:メディアレセプション
「PGAショー」初日には、メディアを集めたレセプションが行われる。ドリンクや軽食が用意されるが、その実は出展社によるメディアへのPRの場。これから世界マーケットに発信していきたい新興メーカーは、席に着くや否やチラシ配りに余念がない。

とは言え、2時間確保された会場内はメディア関係者は30人ほどと物足りない印象だった。

以上、初日のオープニングの様子をご紹介した。明日は展示会場内の雰囲気を中心に紹介予定。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、携帯電話販売員の傍ら俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の新人記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャスコ『UFO』を試打!150yをユーティリティで攻める?

  • 「開発ごっこ」を糾弾したヤマハの新作『RMX』が狙ったモノ

  • ブリヂストンの新『TOUR B JGR』ドライバー 黄色いネジが飛びの秘密?

  • 『N.S.PRO 950GH ネオ』飛び系アイアンに最適なスチールシャフトの改良点

関連記事

  • ゼクシオ「成人式」を迎えて世界観を一新 「X」登場

  • キャスコ『UFO』を試打!150yをユーティリティで攻める?

  • プロギア新副社長が「限界突破」で自社を鼓舞 

  • 『ミズノプロ 920』アイアン登場 「ミズノなのに、やさしい」 原英莉花「いー球です」

  • 関西主力専門店・工房がパーフェクトプロを推奨するワケ

  • 「開発ごっこ」を糾弾したヤマハの新作『RMX』が狙ったモノ