• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 新モデルは47インチ

    編集部
    SNSでシェアする
    長尺ドライバーは、ヘッドスピードは出るものの、「球が吹きあがる」「打点がぶれる」「つかまらない」「振り遅れる」というのが通説だったが、『インプレス GRX ST-Long』では、最適スピン量設計により球の吹きあがりを抑えたほか、広い高反発エリアで打点がぶれない「3X-マルチフェース」を採用。また、フェースの軽量化による最適重心設計でつかまりやすさを追究し、さらにヘッドスピードを加速させる新しい「マルチプルEIシャフト」の採用により、長尺ドライバーながら球の吹きあがりを抑えた、高弾道・低スピンの安定した長距離弾道を可能にするという。 特徴は次の4点に集約されるだろう。 ①規定内の最長クラス・47インチクラブが飛距離アップを可能に  47インチという長尺ながら、クラブバランスはD0に設計することによって、ヘッドスピードを大幅にアップ。さらに、反発領域の拡大と深重心・低重心設計で、高い打ち出し角と最適バックスピン量を実現。高い弾道でキャリーを出し、ランも出る、安定した長い飛距離を実現する長尺ドライバー。 ②高反発エリアを拡げた「3X-マルチフェース」  昨年10月発売の『インプレス GRX』シリーズや『インプレスX』シリーズのドライバーに採用した4分割フェースをさらに細分化し、トゥ・ヒールを薄くした「3X(スリーエックス)-マルチフェース」を採用。フェースを軽量化し、反発エリアをさらに拡大。 ③最適重心設計で、最適スピン量をコントロール フェースの軽量化に伴い、インナーウエイトを12gに増量、重心位置をさらに深く、さらに低くすることによって、大きなキャリーとランが得られる最適スピン量を実現。 ④ヘッドスピードを大きく加速させる新シャフト  手元のしなり量を大きくしてタメをつくり、中間部でエネルギーを増幅し、先端部の大きなしなりで加速させる、飛距離を伸ばす新しい「マルチプルEIシャフト」を採用。1本のシャフトを3つの領域で解析し、大きなヘッドスピードを生み出すためにしなりと剛性を最適に設計、長尺ドライバーならではの飛距離を追究。 商品の問い合わせは、ヤマハ ゴルフHS事業部 0120-808-562へ。
    タグ
    ドライバー
    ヤマハ
    長尺
    GRX