1. ニュース
  2. メーカー

『レガシーユーティリティ』でジョーンズが240ヤード

メーカー 編集部

 
いずれのモデルも注目されるが、その中でも同社契約スタッフ、ブレンダン・ジョーンズもバッグに入れると公言するほどの完成度を見せたのが、『レガシーユーティリティ』だ。
 
同ブランド初のユーティリティということでも話題になりそうなモデル。『レガシー』の開発コンセプトである”打ちやすさ”をさらに進化させたモデルという位置づけで、製品対象者はプロ・上級者からアベレージと幅広い。
 
最大の特徴は、アイアンの流れに開発のポイントを据えたこと。従来の同社ユーティリティは、フェースプログレッションが大きいウッド型だったが、今回はややオフセットを取り入れた。アイアンに近いヘッド形状でありながらも、高弾道でやさしく飛ばせるデザインとしている。
 
実際にデモンストレーションしたジョーンズ選手は3番(ロフト21度)のマシンテストで240ヤードを記録。「今までユーティリティは一度もバッグに入れたことがない。でも、このモデルならショートウッドよりもラフからの抜けはいいし、ロングホールのセカンドでピンを狙い打ちできる」ーー。新たな武器としてバッグに入れることを公言した。
 
発売が10月1日からとなるこのモデルのロフトスペックは、21度(3番)、24度(4番)、そして27度(5番)の3機種。幅広い対象者を想定しているので、シャフトバリエーションも「レガシー60h(SR)」、「同50h(R)」、「同40h(L)」、そして「GS95(S)」と豊富な展開。
 
価格は、純正グラファイトシャフト装着モデルが各1本3万5700円、GS95装着モデルが3万2550円。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • コーヅゴルフ、店舗移転のお知らせ

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • 夏ゴルフ最高!猛暑を乗り切る『CALLAWAY FAN VEST』発売

  • キャロウェイ『MAVRIK(マーベリック)』フェアウェイウッド  芯を外れても飛ぶは本当だった

  • キャロウェイが『クロムソフト』を発表 新作投資に55億円

  • キャロウェイ『マーベリック』ならミスショットがバレない!

  • 【LIVE】キャロウェイ『マーベリック』発表会をライブ配信します

  • キャロウェイ『TOUR-S』高機能&スタイリッシュなレーザー距離計