1. ニュース
  2. メーカー

扶桑の健二郎FWとUTを試打 UT29度で204ヤードのぶっ飛び

メーカー 吉村真
健二郎FWUT

昨秋に扶桑電機工業S&L部(フソウドリーム)から発売された『健二郎ドライバー』--。今年4月にはFW(ロフト角15度、18度、21度)とUT(同20度、23度、26度、29度)が発売される。ドライバーの設計思想と同じように、そのクラブの用途やロフト角の多少に合わせて重心位置を理想の位置に設計。ドライバー同様に飛距離追求モデルという位置づけだが、驚きの結果とは?

『健二郎FW』『健二郎UT』はどんなクラブ?

今回は扶桑電機工業S&L部の草場栄一営業推進部長に、『健二郎FW』と『健二郎UT』の開発コンセプト、そして構造的な特長を聞いた。

kenjiroFWUT
草場栄一営業推進部長

草場部長によると、ドライバー同様に番手毎に理想とされる重心位置を設計に落とし込んだという。特にFWやUTは芝から打つことが多く、そのための重心位置はドライバーよりさらに低い位置に設計。地面に置かれたボールを空へ解き放つために、ソールの厚さを5㍉程度と超厚底設計で仕上げているという。

GEW吉村が『健二郎FW』を打ってみた HS41m/sで228ヤード

kenjiroFWUT3
5番ウッド(18度)、HS41m/sで228ヤード

GEW吉村としてはFWウッドは苦手なので、それもあってFWの中ではクラブの長さが比較的短い5番ウッド相当の18度を試打。最長飛距離はHS41m/sで228ヤード。弾道データを見れば分かる通り、ミート率は1.29とそれほどナイスショットではないが打ち出し角度15度、バックスピン量2667rpmと申し分ない。

ミート率からいえば228ヤードの飛距離は出来すぎだが、ヘッドのクラウンとソールに配されたパワーアブソーバー(三日月形状の溝)が、インパクト時のヘッドの撓みがボールの打ち出す方向に撓みもどることで、効率的に飛距離を稼いだ印象が感じられた。

『健二郎UT』はロフト角29度でビックリの飛距離204ヤード

kenjiroFWUT
U6(ロフト角29度)、HS40m/sで204ヤードのぶっ飛び

次に試打したのが『健二郎UT』。U6でロフト角でいえば29度。最近トレンドとなっているぶっ飛び系アイアンの8番アイアンに相当するロフト角。草場部長によると、ロフト角29度では、ロフトの影響で十分にボールの打ち出し角や高さは出るので、特にUTはロフト角が大きくなるにつれて、ボールが吹け上がらないように重心を高く設計しているというのだ。

ドライバーやFWに搭載されたパワーアブソーバーの効果と合わせて、ロフト角に合わせた重心位置を設計することで、弾道は吹け上がることなく前へ前へ勢いのある弾道となったことが、ロフト角29度でも204ヤードという驚愕の飛距離に繋がっているといえるようだ。

これらのFWやUTのこだわりは、重心位置やパワーアブソーバーだけではなく、番手毎に違うスコアラインも特徴的。それぞれの番手でインパクト時に最も反発力が高くなるようにスコアラインの位置や長さを設計している。

kenjiroFWUT
番手毎に微妙に異なるスコアラインの位置や長さ

重量調整可能なヘッドは、シニアだけではなく女性ゴルファーにも!

kenjiroFWUT
ソール後方に調整可能なウエイトが2箇所

草場部長によると、『健二郎FW』『健二郎UT』はゆったりなスイング、非力なスイングのゴルファー、特に飛距離が落ちてきたシニアゴルファーにオススメだというが、上の写真を見てもらえれば分かる通り、ソール後方に調整可能なウエイトが2箇所デザインされている。

その重量調整用のウエイトは6種類で、最軽量は1g、最も重いウエイトは10g。その調整ウエイトを駆使して、シャフトをフィッティングすれば、飛距離に悩んでいる女性ゴルファーが十分に飛距離を稼ぐことができるFWやUTになりそう。これまで2オンできなかったミドルホール--。その2オンも夢ではない『健二郎FW』『健二郎UT』。発売が待ち遠しい。

問い合わせは扶桑電機工業S&L部へ、03-6712-4118。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

健二郎FWUT

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 高いボール初速を実現!中条カムイ『TP-Xnitrogen』ドライバーを永井プロがテスト!

  • ピストルとスクエア形状の融合『スーパーストローク CLAW(クロー)』誕生

  • パター専用『Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)』徹底解説

  • 振り遅れを防ぐ 「同調系」軽量シャフト 『K’s-NINE9』

関連記事

  • 重量の概念はもう古い? スピードで全ゴルファーをターゲットに据えたTS1

  • マスターズ復活優勝記念!タイガー使用ボール『TOUR B XS』プレゼント

  • 倉本会長「タイガー・ウッズにも渡してあげたい」腰痛予防?の新パンツ

  • 『タッチフォーカス®』は老眼ゴルファーを救えるのか? プロが検証 ~ラウンド編~(㏚)

  • 『タッチフォーカス®』は老眼ゴルファーを救えるのか? プロが検証 ~インタビュー編~(㏚)

  • 5代目 NEW『PHYZ』はシニアクラブじゃない HS38m/s以下のあらゆるゴルファーにおススメ!