1. 弾道の上下も調整する『MP-630』

弾道の上下も調整する『MP-630』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 166 Views

 
前作『MP-600』が6ポジションに2つの可変式ウエイトを装備していたのに対して、10ポジションに2つの可変式ウエイトを動かすことで弾道を45通りに変化させることできるようになっている。よりフェース側からヘッド後方までに範囲を広げた調整位置によって、前作が左右の重心位置を変化させることができたのに対して、上下左右最大4mmまで重心位置を変化させることが可能になっている。
 
同社は手軽に重心位置を変えることで弾道の調整できるドライバーとして同商品を訴求するが、ゴルファーに1本のドライバーを長く使用してもらうためのバージョンアップでもあるという。ラインアップはロフト角で8・5、9・5、10・5度で、初年度販売目標は2万本を計画する。
 
問い合わせはミズノへ、0120~320~799。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • MIZUNO PRO 2018 – ミズノWebカタログ

  • 弾道は変わるのか? ミズノの新フィッティングを試してみた!

  • ミズノ GX 2018 – Webカタログ

  • ミズノGXドライバーを試打。ヘッドスピード40m/sでも246ヤード飛んだ!

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!