1. ゴルフ以外にも使用出来るマルチスピード測定器

ゴルフ以外にも使用出来るマルチスピード測定器

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 416 Views

 
技術的にはマイクロ波レーダーを搭載して、ティー後方1~1・5mに置くだけで、インパクト直前のヘッドスピード、インパクト後のボール初速、インパクト効率などを同時に測定可能となっている。
 
またアプローチ練習モードでは、ウエッジのフルショットに対して何%のスピードでアプローチしているかを数値で表示できるため、データに基づいた反復練習にも使用用途が広がっている。同社は84年、ヘッドスピード理論を提唱して業界参入した。その同社が開発しただけに、測定結果への正確さだけは他社に劣らないと自信をみなぎらせる商品ということだ。
 
〈測定モード〉
ゴルフ
①ヘッドスピード+ボール初速
②ヘッドスピード+インパクト効率
③フルショットからのスイング効率+ヘッドスピード(アプローチモード)
野球
①ピッチングボールスピード
②バットスイングスピード
サッカー
①シュートスピード

問い合わせはプロギアへ、03~3436~3341。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Mizuno Pro 2018 – ミズノプロWebカタログ

  • ジュピターゴルフネットワーク、役員選任のお知らせ

  • 日本ゴルフ協会、役員選任のお知らせ

  • 藤倉ゴム、役員選任のお知らせ

関連記事

  • ギリギリ第3弾、プロギア新RSドライバーはなぜ飛んで曲がらないのか?

  • 「新RSで269ヤード」 プロギア山本副社長の飛ばし命

  • 「ギリギリ、全開。」新たな高初速へ プロギアが新RSシリーズを7月13日に発売

  • PRGR「RS-F」適合リストから除外へ

  • 『RS-F』自主回収で試されるPRGRの胆力

  • ギリギリの高初速でもっとやさしく飛ばす『RS』