1. ニュース
  2. メーカー

2010年ナイキゴルフ新商品発表会

メーカー 編集部

 
今回の同時期発売は、これまでのナイキゴルフの流通政策のテコ入れで、今後3年間で2ライン隔年発売を目的とした戦略となる。同社クラブ&ボールビジネスディレクターの信田真樹氏が痛切に語る。
 
「これまで当社は販売計画を達成するために販売店に無理なお願いをしてきたと思います。結果的には供給過多で、販売店様にご迷惑をかけてきました。今回の2ライン同時期発売は3年間で一回りします。今回から営業スタッフが販売店のそれぞれにマッチする商品供給の提案を行い、ショップ側が在庫リスクを負わないビジネスモデルを構築していきたいと考えています」
 
そのために、供給する商品のハッキリとした差別化や営業体制の強化が無論必要となってくるが、前者を「SQマッハスピード」と「VR」の両ラインで、後者の営業体制強化は、外部スタッフが含め約20名の少数精鋭でより個別店舗を深掘りしてコンサルセールスを徹底していくという。
 
ナイキがゴルフに参入して9年目。当初、クラブビジネスではフューチャーオーダーシステムを採用し、販売店の理解を得られなかったという過去の大きな痛い思い出がある。そして、これまでの過剰供給やプロダクトアウトを意識しすぎて消費者ニーズへ対応力が遅れたという面で、販売店や消費者からのナイキゴルフに対する信用の低迷もある。それらをまずは3年間で取り戻すことから始めるということになるようだ。そのため特にドライバーでは、「SQ」の特長といえる”四角”を継続せず、『マッハスピード』では”丸形”1本で勝負するという。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ナイキジャパン 移転のお知らせ

  • あの名作ナイキテニスクラシックをゴルフシューズでリメイク

  • ナイキのギア市場撤退で大物プロの争奪戦必至

  • NIKE GOLF 2016 CLUB & BALL – ナイキゴルフWebカタログ

  • 視認性がさらに上がりそうな配色『Nike Vapor Fly』

  • タイガー、マキロイのマスターズ舞台衣装に注目