• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 噂の『Miyazaki』が米デビュー!

    編集部
    SNSでシェアする
    同社は、1992年から自社で研究開発したカーボンシャフトを系列会社のダンロップゴルフクラブ(宮崎県・都城市)で製造、『ゼクシオ』や『スリクソン』のクラブに標準装着して日本を含めた一部のアジア地域で販売してきた。「今後、自社製カーボンシャフトを標準装着したゴルフクラブの世界展開を推進するためには、海外で製品の性能評価と認知向上が必要であると判断、今年5月からPGAツアープロを中心にテストを進めてきた経緯があります」(SRIスポーツ)   その結果は上々だった。ジェリー・ケリー選手(チューリッヒ・クラシック)とジョン・ロリンズ選手(リノタホオープン)がツアーで勝利を挙げた他、ビジェイ・シンやスティーブ・フレッシュといった選手が試合で使用、高い評価を得ているという。   「こういったツアープロの使用と今回のテスト販売などのマーケティング活動を通じて、北米における『ミヤザキ』シャフトの性能評価とブランド認知向上を行い、将来的には北米で自社のシャフトブランドを標準装着した『スリクソン』や『クリーブランド』のクラブを展開、同地域におけるクラブビジネスの拡大を目指します」   クラブメーカーのシャフト単体販売は、ミズノ、ヨネックス、グローブライドといったカーボン製造技術の高いメーカーがすでに日本国内市場での実績を持つ。シャフト性能がゴルファーのクラブ購買動機に大きく影響し始めた昨今、クラブメーカーがイニシアティブを持ってクラブビジネスを推進するには、シャフトの開発力・ブランドパワーを身につけなくてはいけない。そういったメーカーの意識が、シャフトの自社開発およびオリジナルブランドの販売へと結びついている。ちなみに、『ミヤザキ』の日本国内販売の予定は今のところないという。   ■『ミヤザキ』の特徴    独自の積層技術と靭性に優れるという新素材「ナノアロイ」(東レ製)をシャフトに採用することで、インパクト時のヘッドブレを抑え、パワーを損なうことなく優れたフィーリングを実現するという。   なお、同製品に関する問い合わせは、SRIスポーツまで(0120-653-045)。
    タグ
    シャフト
    SRI
    スリクソン
    Miyazaki
    ミヤザキ