1. ニュース
  2. メーカー

【ミート率アップを検証】本間ゴルフ『XP-1』ドライバー3球勝負の結果は?

メーカー 本間ゴルフ 浅水敦
本間ゴルフTP-1ドライバー

本間ゴルフが9月20日に投入する『T// WORLD XP-1(ツアーワールドXP-1)』(7万5000円)は、HS40m/s以下のアベレージゴルファー向けに開発されたドライバー。“ミート率が上がれば飛距離は伸びる”という触れ込みだが、実際にGEW浅水(普段のHS40m/s)が3発続けて打ってみると・・・

試打データ

1発目→センター
2発目→センターやや下
3発目→センター

※試打スペック 9.5°、硬度S、カチャカチャのポジションはニュートラル。
※使用ボール 「HONMA D1 plus」(3ピース)

試打風景

次にトラックマンの計測数値(1発目)を見てみよう。

■ヘッドスピード 40.1m/s
■ボール初速 60.9m/s
■ボールスピン量 2700rpm
■打出し角 14.7°
■ミート率 1.52
■キャリー 226.6Y
■飛距離 244.1Y

ろくに準備運動をせずに打ったが、フェースセンターをとらえた。辛目といわれるトラックマンのミート率は1.52という結果に。ミート率の算出法(計算)は、ボール初速÷ヘッドスピード。例えばHS40m/sでボール初速が55m/sの人は55÷40=1・37になる。

「プロは1.4以上、一般アマチュアはそれ以下が大半です」

と前置きして、本間ゴルフの鈴木隆弘部長が次のように話す。

「どんなにヘッドスピードが速くても、芯を外すとボール初速が落ちてミート率が下がり、飛距離を伸ばすことができません。これ以外にもボールスピン量、打出角、入射角の要素も入ってきますが、ドライバーの飛距離はボール初速×4倍。つまり、ミート率を上げれば、初速がアップする。打点のバラツキを抑えて飛距離を伸ばすというのが『XP-1』ドライバーのコンセプトです」

なぜ、センターにボールが集中するのか? 以下は、やらせなしの3球入魂、試打動画!


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

本間ゴルフTP-1ドライバー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • ツアープロの要求に応えた高い完成度「T//WORLD TR20 B アイアン」

  • 期間限定デザインでさらに機能性を追求した「カデログリップ」 坂本プロが徹底検証

  • フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

関連記事

  • ツアープロの要求に応えた高い完成度「T//WORLD TR20 B アイアン」

  • 本間ゴルフ『TW-X、TW-S』コスパ抜群のツアー系ウレタンボールを徹底検証

  • モノ&コトで挑戦するラグジュアリーブランド 本間ゴルフ『BERES』

  • 本間ゴルフ『XP-1』ドライバーのミート率を3球連続打ちで検証する

  • 本間ゴルフ菱沼副社長インタビュー:カジュアルゴルファーに向けた「XP-1」の狙いとは?

  • ツアーワールドXP-1で開発一新 短尺でも飛距離が伸びる仕組みを動画で説明