1. ニュース
  2. メーカー

『N.S.PRO 950GH ネオ』飛び系アイアンに最適なスチールシャフトの改良点

メーカー ムービー 日本シャフト 大矢晃弘
950GHneo

赤いラベルをグリーンに変えて、日本シャフトの長寿ブランド『950』が生まれ変わる。正式名は『N.S.PRO 950GH neo』(950ネオ)で、『950』のデビューは1999年だから20年ぶりのモデルチェンジ。

日本シャフトを救った『950』誕生秘話

950GH

そもそも『950』は同社にとって、救世主といえる存在だった。バネ大手・日本発条の子会社として1959年に創業した日本シャフトは1989年、1000万本超のスチールシャフトを販売したが、他社のアイアン用カーボンが台頭して3年後には3割減。

その後も凋落は止まらず、1996年には最盛期の10分の1まで落ち込んだ。この時、親会社を含めてシャフト事業撤退の議論が起こり、起死回生を狙ったのが『950』。

当時社長だった池田正和氏は「このモデルが失敗したら後がない。まさに背水の陣でした」と振り返る。

その『950』は昨年8月、累計販売量4000万本を突破して地球一周分の長さに達したとか。

『950ネオ』はこうして生まれた

『950GH neo』

その余勢を駆って9月に発売するのが『950ネオ』だけに、営業部の栗原一郎主任も気合が入る。

「『950』のデビュー当時は、薄いアイアンヘッドに重くて硬いシャフトの組み合わせが主流でした。ダウンブローに打たないとボールが上がらず、その悩みを解決したのが軽量スチールの『950』です。

ただ、あれから20年経って飛び系アイアンが登場するなど、ヘッドの大型化とストロングロフト化が進展した。この変化への対応は、喫緊の課題だったのです」

ストロングロフト化でアイアンの総飛距離は伸びたものの、キャリーが減ってランで稼ぐ弾道が一般的になり、この点の改善が求められた。

「アイアンは狙ったところに落とすクラブです。そのため『ネオ』は、中間剛性を『950』より高くすることで相対的に先端がしなり、現代のヘッドでも高弾道かつスピンで止められるスチールシャフトに仕上がりました」

動画で解説 『950ネオ』はこんなアイアンに最適!

『950GH neo』

開発に際して、アイアンヘッドのタイプを4分類したという。具体的には、

①マッスルバック
②セミキャビティ
③大型ヘッド
④飛び系

『950ネオ』は2タイプのヘッドで最適な結果が得られる開発に集中した。ターゲットは『ゼクシオ』に代表される③と、『インプレスUD+2』などの④。

今秋発売の7社8モデルのアイアンに採用が決まり、標準仕様の1スペックで対応する。『950』は過去、クラブメーカーの求めに応じて微妙に仕様を変えたことが長期的ヒットの一因だが、今回は1スペックでフルカバーしていく構え。

『950』との自社競合を防ぎ、『ゼロス』『モーダス』との棲み分けを図る。以下、栗原主任との動画インタビューを掲載しよう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

950GHneo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、携帯電話販売員の傍ら俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の新人記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • グラファイトデザイン『TOUR AD XC』のプロの評価は?低弾道フェード&ランで飛ばす!

  • 『TOUR B JGR』ドライバー&アイアンをプロが試打!軽く振っても飛距離が出る!

  • 新生『オノフ黒シリーズ』登場!やさしさと飛びでゴルファーをサポート

  • 古江彩佳「ブリヂストンの魅力はドライバー」 宮里藍を目指して世界へ

関連記事

  • 古江彩佳「ブリヂストンの魅力はドライバー」 宮里藍を目指して世界へ

  • 11代目ゼクシオは本当に進化しているのか?『イレブン』と『X』の実力を試してみた

  • リョーマの新ドライバー『MAXIMAⅡ』を試打! 木村拓哉がイメージキャラに

  • 三浦技研の新理論『9ポジションフィッティング』を解説

  • タイガー・ウッズ愛用の『ベゼル』から通勤にも使えるバックパックなど続々

  • ゼクシオ「成人式」を迎えて世界観を一新 「X」登場