1. ニュース
  2. メーカー

プロギア新副社長が「限界突破」で自社を鼓舞 

メーカー ムービー プロギア 浅水敦
プロギア 日比野公良副社長

「下期の数字を担う核となる商品が『egg』です」――。

緊張の面持ちで語るのは今年7月、プロギアの副社長兼開発責任者へ就任した日比野公良氏。親会社である横浜ゴム入社後は、乗用車向けのタイヤ開発部門でキャリアをスタート。以後、グループ会社の社長も歴任してきた。

同社は8月1日、『egg(エッグ)』のドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアンの記者発表会を開催したが、社内はその演出について多くの議論を重ねてきた。結果、発表会場をディスコ(クラブ・ディアナ)、試打会をインドア施設(ドライビングレンジ日比谷)で行った。

新製品の合言葉は、「no limit。限界突破へ」――。

『egg』はこれまで「非常識」「飛び主義」「飛ばし愛」など、国内他社とは一線を画す表現力で存在感を高めてきたが、初代は2007年8月発売のアイアンで、今回12年目に突入した。

「鮮烈」が持ち味の同社とすれば、発想の経年劣化は命取り。2015年には高反発の『金egg』でR&Aの不評を買い、『RS』シリーズの反発違反でリコールにも発展している。その意味で「限界突破」は自社を鼓舞する警句といえる。

で、何を「突破」するのか?

早速、日比野副社長のインタビューをお届けしよう。
Part1(約4分半)

Paer2(約4分弱)


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

プロギア 日比野公良副社長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 唯一無二『パンチング アルニウム』アルミボディを纏った完全ハンドメイドのキャディバッグ

  • ミズノ 世界戦略モデル『ST200X』『ST200』ドライバー、『JPX200X』アイアン

  • 最年少現役高校生プロ、西郷真央がミズノと契約

  • テーラーメイド『SIM / SIM MAX』それぞれの違いは?M5、 M6からの進化は?

関連記事

  • 痛みを持つゴルファーに薦めたい『バウアーファインド』のサポーター

  • 唯一無二『パンチング アルニウム』アルミボディを纏った完全ハンドメイドのキャディバッグ

  • 新登場 ボーケイ・デザイン『SM8』浅重心でロフト通りの距離が打てる!

  • コロナ影響の濃淡 ゴルフ業界3月初旬の声を聞く

  • 新ブランド「WEATHER FREE」気象・天候などの7つのストレスからゴルファーを解放!

  • ミズノ 世界戦略モデル『ST200X』『ST200』ドライバー、『JPX200X』アイアン