• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 胴回転が加わった試打ロボット『ROBO-10』

    編集部
    SNSでシェアする
    アーム3関節に胴回転が加わりより人に近いスイングになったことで、クラブやボール開発の迅速化に寄与できるという。これはロボット自体の胴部分が回転することで、ストレート、フック、フェードなど多種多様な弾道を打つことができるようになったほか、インパクト時のセッティングではヘッドの入射角をダウンブローまたはアッパーブローにヒットすることも可能になったという。   また、これまでの『ROBO-3dx』が最大55m/sだったのに比べ、胴回転が加わることにより最大65m/sになることから300ヤード越えの試打テストも可能になったということになる。   ゴルフメーカーにとって試打ロボットはクラブ開発において必要不可欠。クラブ、ボール、そしてプレーヤーの進化で、新たな試打ロボットの必要性は高いといえるだろう。 問い合わせはミヤマエへ、06~6782~1009。
    タグ
    ミヤマエ
    計測器