1. 石川遼の武器、『XV』

石川遼の武器、『XV』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 252 Views

 
このモデルは、”群を抜く飛距離性能”と”ツアープロが認めるスピン性能&やわらかさ”を謳ったものだが、その使用感について石川選手が語る。
 
「昨年4勝した試合で使っていたボールです。ドライバーの飛距離とショートゲームでは自分の思い描いたイメージのショット、例えばロブショットで寄せる、低く出してギュッと止めるなど、そういう場面でもイメージ通りに応えてくれます」と高く評価。世界のツアーで戦うための力強い武器と位置づけた。
 
一方、昨年の賞金女王、横峯さくら選手の好成績を支えたのも、『XV』だったという。
「昨年このボールを使用して6勝し賞金女王を獲得できました。風に強い弾道でよく飛んで、2打目以降がとても楽になりました。グリーン周りでもイメージ通りでもイメージ通りのアプローチができて距離感もあわせやすくフィーリングもすごく気に入っています」
ーー。結果を残しただけに話に説得力がある。
 
従来の『Z-STAR』との大きな違いは、飛距離、フィーリング、アプローチスピンといった主要な機能性を総合的に向上させたことだ。シリーズ最大直径(40・1㎜)の「新スーパー大径高反発E.G.G.コア」の開発で高初速・高打ち出し・低スピンを実現。その一方、0・3㎜の極薄ソフトウレタンカバー」が自由自在な操作性を生み出すとのこと。
 
アイアンの溝規制により、アプローチのスピン性能をボールに求める傾向が強くなっているが、そのポイントも開発要素に組み込み、従来以上のスピン効果を発揮してくれそうなのが、『XV』といえるだろう。楽しみなボールがまた一つ登場した。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 「石川遼」はどのように育ったのか? 父親・勝美氏が語る教育論

  • 「担ぎ」の試合は面白い JGTO石川副会長が構想語る

  • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

  • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

  • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る

  • 「プロの試合のゴルフボールを標準化するとき」 ブリヂストンゴルフCEOが提案