1. ニュース

キャロウェイ「コロナ予防」でフィッティング2週間の臨時休業

ニュース メーカー 片山哲郎

キャロウェイゴルフはこのほど、都内の本社内にあるフィッティング施設の臨時休業を決めた。コロナウイルスへの感染を防ぐためで、期間は2月27~3月14日まで。キャロウェイアパレル丸の内店内のパターフィッティングも同期間休業するが、店の営業は通常通り。広報担当の菅野泰臣ディレクターによれば、

「フィッティングは弊社の担当が顧客に連絡をして、今後別枠で対応します」

また、2月7日に新ブランド『マーベリック』を発売、各地で試打会を行っていたが、2月29日と3月1日の開催予定を中止する。中止会場は2月29日が東急あざみ野ゴルフガーデン(神奈川県)、アコーディアガーデン名古屋(愛知県)、井高野ゴルフセンター(大阪府)。

3月1日はアコーディアガーデン柏(千葉県)、名神ゴルフセンター(京都府)で計5箇所となる。

同社は2月26日、都内本社に41名の報道陣を集めてニューボール『クロムソフト』の記者発表を行ったが、事前に50人分のマスクを用意するなど「厳戒態勢」で開催に踏み切っている。

「直前まで議論を重ねましたが、行事が軒並みなくなっては元気を失う。そこで、入り口でアルコール消毒を呼び掛けるなど万全の態勢で臨みました」(菅野ディレクター)

今後、国内で感染者が拡大するとの予測を受け、事業計画の修正が行われる。

マジェスティは予定通り

3月19日に『マジェスティ コンクエスト ブラック』を発売するマジェスティゴルフは現在、3月の試打会を予定通り行う構え。広報担当の岩井徹氏によれば、

「試打会はゴルフショップの店内と練習場で週数回から十数回。現状、予定通り行うつもりですが、担当者のマスク着用やアルコール消毒、うがいを徹底させるなど、感染予防に全力で臨みます」

気になるのは新製品の準備状況だ。同社は深圳の協力工場でヘッド部品を製造するが、

「『マジェスティ』は仕掛前の段階で中国から輸入して、研磨、メッキ、塗装、組み立てはすべて国内で行っています。そのため現状、コロナウイルスの影響はまったくありません。ただし、先行きは明るくないので、現地工場と密に連絡を取り合い、支障が出ないように努めます」


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ISPS半田会長「宗教とゴルフ」の在り方を熱弁

  • バブル期に売上世界一のコトブキが「このままじゃゴルフショップはなくなる!」

  • クラブ開発の「飛んで曲がらない」を打破するのは「ゆらぎ」

  • 二木ゴルフ本社ビル売却で「3つの投資」

関連記事

  • ゴルフ界がコロナ対策のデジタルポスター「拡散してッ!」と呼びかけ

  • 国内女子ツアー「アース・モンダミン」で無観客開幕

  • トーナメント開催の「指針」発表 通常開催から中止まで5段階

  • 最大手PGMが4月の業績発表 売上4割減も「前向き!」の真意

  • コロナでゴルフショップ悲鳴の4月 売上急減の中で光明探る

  • 民放連に申し入れ JGAらが「ゴルフを悪者にしないで」