• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 9割強がボールの高さを実感

    編集部
    SNSでシェアする
    ■ドライバーの飛距離:「よく飛ぶ」、「飛ぶ」の合計が81%   ■ドライバーの方向性:「適度」が60%と半数以上で、曲がると回答したのは5%と僅か。   ■ドライバーの打ちやすさ:「易しい」、「やや易しい」の合計が67%。「難しい」、「やや難しい」は合計で3%と僅か。   ■ドライバーの高さ:「適度」、「やや高い」の合計が92%。   ■ドライバーの弾道:「ストレート」、「ドロー」、「フェード」の合計が89%。   ■アイアンの飛距離:「よく飛ぶ」、「飛ぶ」の合計が72%。「飛ばない」、「あまり飛ばない」は2%と僅か。   ■アイアンの打ちやすさ:「易しい」、「やや易しい」の合計が65%。「難しい」、「やや難しい」は4%と僅か。   ■アイアンの球の上がりやすさ:「適度」、「やや適度」の合計が96%。   以上のように全体的な評価は高かったが、その中でも抜きん出ている要素が、「ボールの高さ」だろう。ドライバー・アイアンともに「適度」、「やや高い」と回答した人が90%を超えた。『新・ゼクシオ』のデザインコンセプトは、"高く強く突き進む弾道"--。今回のアンケート調査結果を見る限り、このコンセプトがゴルファーに充分伝わっていることが理解できる。ボールが上がらずに飛距離不足に悩むゴルファーは、一度試す価値がありそうだ。
    タグ
    ドライバー
    アイアン
    新・ゼクシオ
    飛ぶ