1. ニュース
  2. メーカー

新登場 ボーケイ・デザイン『SM8』浅重心でロフト通りの距離が打てる!

メーカー 片山三将
新登場 ボーケイ・デザイン『SM8』浅重心でロフト通りの距離が打てる!

アクシネットジャパンインクは3月6日、世界のプロツアーで使用率トップを誇る『ボーケイ・デザインウエッジ』から『SM8』を発売した。

ウエッジのトップモデルとして常に注目を集める『SMシリーズ』だが、前作から大きな進化を遂げたのが、「インパクトの安定性」と「狙い通りの飛距離と弾道」だ。

『SMシリーズ』は重心を打点に合わせることでロフト角毎の飛距離差を安定させる「プログレッシブCG」がキーテクノロジーになるが、今モデルでは重心を同じ高さのままフェースの前方へ押し出すことで浅重心化を図ったという。

その結果、慣性モーメントが高まり、インパクトの安定性が飛躍的に向上したという。

「当社の研究では、重心が深いとインパクトでフェースがオープンになりやすいことが分かりました。そこで浅重心にすることでフェースの開きを抑え、前作よりもさらにロフト通りの距離がしっかりと打てるようになったのです」(アクシネットジャパンインク)

プロだけではなく、一般ゴルファーもウエッジを3本バッグに入れる時代になった。では、なぜウエッジを3本も入れるのか。

答えは明快、ロフト角通りに距離を打ち分けたいからだ。従来、ウエッジはスピン性能を訴求することが多かったが、3本時代になってウエッジに求められる機能性が変わった。この本質的な部分を追求するために、インパクトを安定させて狙い通りの飛距離と弾道を打てるようにしたのが、『SM8』の革新性といえるのではないか。

一方、もう一つウエッジで重要な要素はソール形状だ。ソールが地面に設置する時の状態によって打点も変化する。そこで『SM8』は重心が打点になるように各モデルでソールのバウンス角やグラインドの最適化も図ったという。

それも狙い通りの飛距離と弾道が得られる大きなポイントといえるだろう。その点が高く評価されて世界ツアーで『SM8』へのスイッチが続出している。

世界のプロツアーで求められるのは常に狙ったところに打てるウエッジ。それは一般ゴルファーも同じ。ウエッジこそ、プロの使用率が高いものから試すべきではないだろうか。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

新登場 ボーケイ・デザイン『SM8』浅重心でロフト通りの距離が打てる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • AERO SPARK TEE、ティーでボール初速アップを実証

  • USPGA使用率3割強を誇る『プロジェクトX ハザーダス』

  • ライトが『スーパーストローク』を本格販売!USPGAの4人に1人が使用する秘密とは

  • 「モノを大切にする文化」という潜在需要を引き出すHARDOLASS COATING

関連記事

  • タイトリスト『Tシリーズ』アイアン試打!ミスがミスにならないは本当か?

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • NEW タイトリスト プロV1・V1xが2月デビュー

  • 上級者モデル秋の陣はタイトリスト 917が台風の目

  • アクシネット ジャパン インク タイトリスト VOKEY DESIGN SM6

  • 大幅なイメチェンで新生『VG3』を訴求