1. ニュース
  2. メーカー

アドラーから最大飛距離を追求する『ファイヴェックス』

メーカー 吉村真
アドラーから最大飛距離を追求する『ファイヴェックス』

アドラージャパンは先ごろ、ロイヤルコレクションが展開していたシャフト『FIVEX(ファイヴェックス)』を新たに発売した。

ゴルファーにとって永遠のテーマである“最大飛距離”のために、妥協を許さず、素材・性能にこだわり、最高の品質と先進の技術で誕生したブランドという位置づけだ。

今回のリリースはウッド用、ハイブリッド用、アイアン用の3種類。それぞれの特徴を列記する。

ウッド用(価格5万5000円)

  • 近年の高初速化を狙う様々なヘッドテクノロジーの性能を最大限に活かすことをコンセプトに最先端素材「T1100G」を採用。
  • 手元部分の剛性を上げ、『超高強度かつ高弾性』の相乗効果によりヘッドスピードを向上させ、余分なスピンを抑えて圧倒的な飛距離性能を実現。
  • 強い切り返しにも負けないシャープな鋭い振り抜きを体感でき、走り過ぎを抑制することで、強いインパクトと、癖の無いしなりを実現。
  • 軽量でありながら手元と先端の程よい剛性バランスで、一体感のある振り抜きを生みだしている。

ハイブリッド用(2万円)

  • ハイブリットシャフトに必要な要素を凝縮した軽量シャフト。シャフト全体の粘り感と先端の剛性を強めることで、直進性と操作性を両立。
  • 先端径をアイアン径(9・5㎜)に設定し、バックスイング、インパクト時のブレを極力排除し、吹け上がりやつかまりすぎを抑え、直進性を目指したUT専用シャフト。

アイアン用(1万5000円)

  • 先端部の剛性を高めることによりインパクトでのブレを低減。軽量でありながら程よいしっかり感を保ちつつ、ハイパフォーマンスを実現。
  • 飛距離と方向性を両立させ、振り抜き感を重視し、やさしさと操作性を兼ね備え、より幅広いプレーヤーに対応した番手別設計アイアンシャフト。

これらのすべてで、最高品質を求めるため国内男子ツアー使用率No.1シャフトメーカー・グラファイトデザイン社と共同開発。国内工場による最高の品質と最先端の技術力を結集させ、プレーヤーのハイレベルな要求に応える妥協を許さない高性能シャフトに仕上がっているという。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

アドラーから最大飛距離を追求する『ファイヴェックス』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヘッドの特性を最大限に生かす、スリリング初のアイアンシャフト『ソラトビ』

  • 鹿沼グループが医療従事者支援でチャリティーポロシャツを販売

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

関連記事

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン

  • リバーシブルで2種類のバランス練習ができるゴルフ練習器『ダイヤバランスアライメント』