1. ニュース
  2. メーカー

ダンロップが最新技術満載の直営店を新宿にオープン

メーカー 片山三将

6月中旬、新宿住友ビルの地下1階に「ダンロップクラブハウス新宿店」がオープンした。売場面積は105坪で、ゴルフに関わる「モノ・コト・学び」が体験できる。都営大江戸線の「都庁前駅」から直結で、大型駐車場も完備。

「この新宿店は、従来の赤坂店と高輪店を閉鎖して統合した最新の直営店です」(内田基博店長)

というだけに、様々な工夫が凝らされている。まず「モノ」についてだが、クラブは全モデルの全スペックを取り揃えるだけではなく、同店でしか買えない限定品もある。

『ゼクシオ』の削り出しパター(オープン価格)もそのひとつで、東大阪の小田パターとタイアップしたモデル。売価は9万5000円ほどになりそうで、今回はピンタイプだけだが、今後マレットも発売予定。将来的にはボールやアイアンにも「限定品」を広げていきそうだ。

それぞれ使用目的が異なる試打室を3室完備

もうひとつのウリは充実したフィッティング。試打室を3室備え、そのひとつが同社独自の「インターナショナルフレックスコード」を活用した打席となる。これは、ダウンスイングにおける手首のコッキングの角度やフェースローテーションの使い方によって、適正シャフトを示すシステム。

まず、シャフト全体を4か所に分割し、各部の硬さを1~9の数値で表示。双方の数字を組み合わせた4桁の番号が個々のゴルファーの「最適番号」となるわけだ。

同時に『スカイトラック』の弾道数値を見ながらクラブドクターが最適なスペックを推奨してくれる。当面は無料で約1時間、みっちりフィッティングサービスが受けられる。

9月を目処に「個人レッスン」も開講予定だ。弾道測定器『プリズム』と『ダンロップゴルフスイングヴィジョン』を併用し、弾道分析とスイング分析を行う内容。

このほかに、SGゴルフジャパンの『SDR』というシミュレーターを導入したゴルフの体験打席もある。住友ビルだけでも1000人以上の会社員が働くため、ゴルフの疑似体験を促していく。こちらも当面は無料サービス。

松山英樹のクラブを調整したクラフトマンが工房に常駐

以上に加え、松山英樹のクラブ調整を行ってきたクラフトマンが常駐する工房も完備。ボールのオウンネームサービスやアシックスのシューズフィッティング、ウエア販売など、ワンストップで「モノ・コト・学び」が体験できるコンセプト。

新宿の超高層ビル街で、最新のゴルフワールドを味わってみるのも面白そう。

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビルB1
TEL.03-6258-1802
営業時間 定休日:無休(年末年始を除く)
営業時間:11:00~20:00


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ボールが打てないのがいいスイングの証拠?

  • シリコングリップでさらに飛ばそう!『GGG-S026』を新発売

  • 飛距離追求型ボールの第二弾!「スリクソン X2」を新発売

  • 戦うから、支え合うへ 「その横串の役割を『ハドラス』が提供します!」

関連記事

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン