1. ニュース
  2. メーカー

三浦技研の選べるネック形状の限定パター『MGP-NM2』

メーカー 吉村真
三浦技研の選べるネック形状の限定パター『MGP-NM2』

三浦技研は7月22日、選べるネック形状の限定パター『MGP-NM2』を発売した。

ラインアップはショートスラントネックの「SSモデル」が300本、センターシャフトタイプ「CSモデル」が100本で、すでに「CSモデル」は完売している。

その特徴は、軽量アルミボディにステンレス重量ソールの組み合わせ、ヘッドサイズを一回り大きく25㍉のディープフェイス(NM1モデル比)だ。視覚的安心感と高い直進性に転がりの良さをプラスしている。

また、ネオマレット形状の大型ヘッドを採用して 、ターゲットに向かって構えやすいショートスラントネック「SSモデル」とミウラ初のセンターシャフト「CSモデル」から選べるバリエーション。

さらに、グリップにはSTMで好評を博している「P」シリーズのMIURAオリジナルパターグリップを付属している。推奨シャフトは、島田ゴルフ社製の『Kʻs NPS-120』で参考売価は7万4520円となっている。

三浦技研の選べるネック形状の限定パター『MGP-NM2』


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

三浦技研の選べるネック形状の限定パター『MGP-NM2』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 地クラブの神髄 – 中条『KP-01』

  • パターのトレンドが変わる時代の スーパーストロークの存在意義

  • フライハイトから 『THE-G フォージドアイアン ミッドサイズ』を発表

  • 『ソラトビ』と飛び系ヘッド三浦技研『EI-801』の相性は?

関連記事

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン