1. ニュース
  2. メーカー

カーボン素材を使用した新インソール『RUN Pain Relief(ラン ペインリリーフ)』

メーカー 大矢晃弘
カーボン素材を使用した新インソール『RUN Pain Relief(ラン ペインリリーフ)』

インソールブランド「スーパーフィート」を展開するインパクトトレーディングは、新モデル『ラン ペインリリーフ』を発売した。

同社が展開する「スーパーフィート」は、1964年に設立されたノースウェスト・ポディアトリック・ラボラトリーがアメリカ足病医学の足部バイオメカニクス理論に基づいて作製した足底板(オーソティックス)をルーツに、100万人の足のデータから開発したプレミアムインソールだ。

豊富な商品バリエーションで、治療(リハビリ)、各種スポーツから通勤用のインソールまで、幅広い用途で使用されている。

その形状と機能的デザインは足病医学に基づく理論背景をベースに、アメリカ国内外で40件にものぼる特許を取得しており、足を適正にサポートするための三次元の立体構造は、足を包み込む深くて丈夫な構造の「ヒールカップ(特許取得)」、超高密度のフォーム素材を使ったトップシートなどで構成されている。

また、この構造は、足元を安定させ、歩行や運動時に「足」本来の機能が発揮できるようにサポートし、シューズの履き心地を改善するという。

新投入の『ラン ペインリリーフ』の特長は下記の通りだ。

カーボン素材を使用した新インソール『RUN Pain Relief(ラン ペインリリーフ)』

①ヒールカップ
主力モデルのGREEN、BLUE、BLACKよりも深くて頑丈なヒールカップにより、かかとの脂肪層を包み込み衝撃を吸収し、安定性も向上。

②バイオメカニクスに基づいた設計構造
「足」本来の機能を導き出す形状と機能的デザイン。

③カーボンファイバースタビライザーキャップ
炭素繊維と高分子材を混合させた独自の「カーボンファイバースタビライザーキャップ(EVOLyte)」が形状を維持。足を適正にサポートすることで足の余計な運動を抑制し、快適性を実現。

④脱着可能なヒールポスト
歩行動作に安定感を提供(着脱可能)

⑤高密度なフォーム材
薄さ、快適性、耐久性に富んだ高密度なフォーム材を使用したことで、前足部のクッショニングもUP。また、TOPシートもつま先エリアは幅広のシートなので、ワイド系のシューズにも利用しやすい。

従来モデルよりも向上した衝撃吸収性能はゴルフのスイングや歩行時に一役買いそうだ。

■製品概要
サイズ:21・0~23・0、23・0~25・0、25・0~27・0、26・0~28・0、27・0~30・0


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

カーボン素材を使用した新インソール『RUN Pain Relief(ラン ペインリリーフ)』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ガラスコーティング剤『ハドラスを追え!』 二木ゴルフ密着ドキュメンタリー

  • 部門別 売れ筋ランキング(2020年8月)

  • ピンフラッグが測りやすい簡単操作の高低差対応モデル『COOLSHOT 40i GII』

  • ブランド誕生10周年記念モデル『N.S.PRO MODUS³ TOUR115 10th Anniversary Limited』

関連記事

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン