1. ニュース
  2. メーカー

フォーティーンから飛距離を落とさないための自宅練習器具

メーカー 吉村真
フォーティーンから飛距離を落とさないための自宅練習器具

フォーティーンはこのほど、同社WEBサイト限定商品として飛距離を落とさないために提案したい自宅練習器具『SwingThrough2・0』を発売した。

飛距離アップを実現させるには、道具の力はもちろん、自らのスイング体力を鍛錬、そして最低限維持する努力が必要。

飛ばし屋で有名な女子プロは、重たい練習用バットを毎日100回素振りすることで平均250ヤード以上の境地にたどり着き、平均飛距離トップ3の常連になったとか。そこで重量級練習用クラブ『SwingThrough2・0』を自宅で毎日50回素振りをし、飛距離アップを実現してもらいたいという。

フォーティーンから飛距離を落とさないための自宅練習器具

長さ・重量のバリエーションは、37インチ(約94cm、約810g)と28インチ(約71cm、約722g)の2種類。

どちらも軽量クラブとは対極にある仕様。重たいクラブを振るメリットは、スイングフォーム全体に負荷がかけられること。手打ちというスイングのNGな動きを改善させながら、体全体で振れる感覚を養え(キープでき)、さらに筋力トレーニング効果でパワーアップ(ヘッドスピードアップ)を図ることができるのだ。

クラブ長が選べることも嬉しい。長いクラブはゴルフ場・練習場・自宅の庭などで振ることができ、短いクラブは室内などいつでも手軽にスイング練習。普段なかなか練習場にいけないゴルファーなどいつでも手軽にスイング練習、スイングチェックが可能。何時でも何処でもスイング矯正とスイング感覚、スイングに必要な全ての筋力をきたえられるという。

そして『SwingThrough2・0』は、軟鉄鍛造製法で素材はS25C。実際のクラブヘッドを使用しており、作りがクラブと同じ製法なためボールを打っても問題ない。素振りだけではなく実際にボールを打って練習できることもゴルファーの練習意欲を掻き立てそうだ。

購入は下記より。
https://www.fourteen.jp/category/item/792/


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

フォーティーンから飛距離を落とさないための自宅練習器具

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ロマロ初となるカーボン複合ヘッド『Ray α BLACK』

  • 三浦技研の選べるネック形状の限定パター『MGP-NM2』

  • 測定を振動と視覚で確認する『ピンシーカーツアー V5シフトジョルト』

  • カデログリップとコラボしたロッディオグリップが発売

関連記事

  • 「竹林氏お別れ会」に多くの業界関係者が来臨

  • 巨星墜つ 重心理論の先駆者・竹林氏逝去

  • 正統派軟鉄鍛造デビュー