1. ニュース
  2. メーカー

ロマロ初となるカーボン複合ヘッド『Ray α BLACK』

メーカー 吉村真
ロマロ初となるカーボン複合ヘッド『Ray α BLACK』

ロマロを展開するロア・ジャパンは7月中旬、同社初となるカーボン複合ドライバーヘッド『Ray α BLACK』を発売した。

クラウンとトゥ側にカーボンを採り入れ、軽比重のチタンボディを極限まで軽量化。余剰重量はソール、コアシステムの他、ヘッド性能を最大に活かす調整機能を搭載した。トゥ側をくり抜きカーボンを接合した「トゥカーボン」は、大型シャローヘッドのデメリットであるトゥダウンを緩和し、スムーズなフェースの開閉とつかまりの良いインパクトに貢献。

また、アルファと同様の、ヘッド後方がもち上がったハイバック形状は、空気抵抗を抑えヘッドスピードの減速を軽減。コアシステムとの相乗効果で、再現性の高いヘッド軌道を導き、インパクトの強烈な衝撃にもブレないヘッドバランスを実現している。カップフェース、クラウンのたわみ効果と共に、高打出しの適正スピンで、個々の平均飛距離、最大飛距離を伸ばすという。

さらに工房のフィッティング技術を生かすために、シャフトの挿入角度を変えて、フェースアングル、インパクトロフトやライ角を変える可変式スリーブを採用。スクエアなインパクトに近づけることで曲がり幅を減らし、インパクトエネルギーを効率よく伝えボール初速を上げる役割を担っている。

また、独自のスリーブリング(アジャスト スリーブリング)は、スピン量を調整するロマロならではのアイデア。そして、ソールのヒールよりに装着し、インパクトを後押しする2つのフィッティングウェイトは、ヘッドの重量調整の他、打ち出し角の調整や大型シャローヘッドのつかまり難さを解消する役割をもつ。ヘッド性能を最大に活かすために、ゴルファーに合わせて調整する補助機能を新たに搭載している。

フェースの素材、構造にもこだわった。独自のRZR446チタンに、肉厚を変化させるクワトロデザインを施した鍛造カップフェース。トゥ、ヒール側に「銀合金」を結合することで、ルール最大級の反発係数にとどめ、たわみ過ぎによるエネルギーロスを軽減。高初速エリアは上下左右に拡大し、打点のバラツキにも高い許容性をもつ。フェースの食いつき感・しっかり押出して飛んでいく感触は、確かなつかまりとスピン量を安定させ、ボールをコントロールできる安心感を生み出し、圧倒的な弾きで飛距離を伸ばすという。

ヘッド単体価格は非公表となっている。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ロマロ初となるカーボン複合ヘッド『Ray α BLACK』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 地クラブの神髄 – 中条『KP-01』

  • パターのトレンドが変わる時代の スーパーストロークの存在意義

  • フライハイトから 『THE-G フォージドアイアン ミッドサイズ』を発表

  • 『ソラトビ』と飛び系ヘッド三浦技研『EI-801』の相性は?

関連記事

  • ロマロ RomaRo Ray V IRON

  • グリップ交換で全額義援金寄付

  • ロマロ『Ray435LXドライバー』発売!