1. ニュース
  2. メーカー

「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

メーカー 吉村真
「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

フォーティーンは9月4日、USPGAツアーでの実績を積んだ「RM」シリーズのウエッジから『RM-4』を発売する。

新たにステップブレードや精密機械加工を加え、製品精度、スピン精度、操作精度、デザインを進化。グリーン周りで要求される様々な状況に対して、競技者のイマジネーションにしっかりと応え、最高の結果を残すウエッジだという。

■新ブレード肉厚設計
バックフェース面左右方向に段差をつけた新技術のステップブレード設計。番手毎、用途別に厚肉部を変化させる事で、よりテクニックが使いやすく、スピンコントロール、ヘッド操作性、打球フィーリングが向上。

ロフト角46~54度は、トゥ側を厚くすることでミスヒットに強く、フルショットでの使いやすさが向上。一方、ロフト角56~60度は、ヒール側を厚くすることでアプローチでの操作性と打感が向上をさせている。

■精密CNCミーリングのNEW逆テーパーブレード
バックフェース面の最薄肉部に制作時間をかけて精密CNCミーリングを施してフェース厚を徹底管理。「ぶれない」ヘッド性能の逆テーパーブレードがさらに進化し、より安定したウェッジショットを可能にした。

■精密設計スコアライン&鏡面ミーリングフェース
高い精度を誇るフォーティーン独自の溝構造。ドライな状態はもちろんのこと、雨の日やラフからのショットにも安定したアプローチを実現。

フェースのミーリングに通常の2倍の時間をかけ平面精度を向上させた鏡面ミーリングフェースと一本一本ていねいに彫刻された溝とのマッチングにより妥協のないハイスピン性能を発揮。

■選べる2タイプのハイロフト番手
56~60度のハイロフト番手にはアメリカPGAツアーやカレッジゴルファーなどアスリートを中心にテストを重ねてブラッシュアップした2種類のソールタイプを用意。

「S(Standard) ソール」
全体的にボリュームのあるソールで、ヘッドの挙動が安定しやすいソール形状。ヘッドが芝の上を滑り、ボールをしっかりと拾い、バンカーやラフ等、様々なライからオールマイティーに使いやすいスタンダードなソール。

「H(Hill) ソール」
ソール面全体をトゥヒール方向にややラウンドを持たせながら、トゥとヒール部の後方を大胆にカットしたソール形状。フェースを開閉してもバンスの利き具合が一定で変わらず、テクニックを使ったアプローチショットを打つことができるソール。

■ちょうど良いを狙ったミドル級重量帯の「TS-101w」シャフト
ウエッジ専用、ミドル級重量スチール『TS-101w』シャフトを用意。「クラブとしての使いやすさ」を求めて日本シャフト株式会社と共同で開発した番手別ウエッジ専用スチールシャフトに、待望のミドル重量帯バージョンが追加。重すぎず軽すぎず、110g台の適度な重量感で、より細かくプレイヤーの期待に応える。

■精悍さ際立つブラックエディションシャフト
『TS-101w』シャフト装着モデルにはヘッド、シャフト、ソケットの全てのパーツをブラックで統一した特別なブラックエディションをラインアップ。

■充実したロフトラインアップ
アイアンがハイロフト化する流れに対応するため、ウエッジのロフトバリエーションを充実。46度から2度刻みで60度までを用意。先述の通り、56~60度は「Sソール」と「Hソール」が選択可能で、全部で11アイテムとなる。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 工房探訪 グリーンターゲット 好む打感が振りやすさ 接着剤が微調整を演出する

  • 立体的なネック形状が美しさと構えやすさを両立20周年アニバーサリーモデルが登場

  • 工房探訪 ゴルフ工房バーン 元美容師のクラフトマンは 右脳左脳を使ってギアを診る

  • 工房探訪 アフターゴルフ 県内1位の身近な成績で集客力UP

関連記事

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン

  • リバーシブルで2種類のバランス練習ができるゴルフ練習器『ダイヤバランスアライメント』