1. ニュース
  2. メーカー

分厚く低く長いインパクトを実現したバルドの『コルサ フォージド アイアン』2機種発売

メーカー 吉村真
分厚く低く長いインパクトを実現したバルドの『コルサ フォージド アイアン』2機種発売

バルドを展開するエバンジェリストジャパンプロダクトは7月下旬、『バルド コルサ フォージドアイアン マッスルキャビティー TYPE MC』と『バルド コルサ フォージドアイアン ディープキャビティー TYPE DC』を発売した。

マッスルバックの打感とキャビティバックのやさしさを融合させた『TYPE MC』は、ファイブシールド(5つの盾)をかたどったバルド特有のバックフェースが特徴。

インパクトエネルギーを最大限にボールに伝達し、左右のキャビティ部分がオフセンターヒット時の許容範囲を広げている。ボールを潰して分厚く、そして低く長いインパクトゾーンを作るという。

さらに、ターゲットに対してスクエアにアドレスしやすい形状で、フェース面は精密なマシニングカットによりフェース面の平滑度の精度を向上。スコアラインもルールギリギリの形状と深さを実現している。加えて、スコアラインの間にレーザーミーリング加工を施すことでボールがフェース面にのる感覚を向上させている。

一方のディープキャビティタイプの『TYPE DC』は、セミグースタイプのヘッドながら、ヘッド形状自体は非常にシャープにデザインされ目標に対して構えやすく、『TYPE MC』同様の打感と深い重心設計でボールの捕まりが良い設計になっているという。

ともに素材、製法は、S20Cの軟鉄鍛造。フェースは、CNCミーリングとレーザーミーリング加工。ソールのウエイトはタングステン製のスクリューウエイト(固定)となっている。仕上げはツアーサテンフィニッシュだ。

番手は『TYPE MC』が#5~PWの6本セットと単品#4の構成となっており、ヘッド単価は2万1000円。一方の『TYPE DC』は、セット内容が#5~PWの6本セットで、#4はラインアップされていない。その代わり、#Gがラインアップされており、ヘッド単価はすべて2万1000円となっている。

また、『TYPE MC』、『TYPE DC』とも左用ヘッドが10月ごろ発売予定。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

分厚く低く長いインパクトを実現したバルドの『コルサ フォージド アイアン』2機種発売

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 立体的なネック形状が美しさと構えやすさを両立20周年アニバーサリーモデルが登場

  • 工房探訪 ゴルフ工房バーン 元美容師のクラフトマンは 右脳左脳を使ってギアを診る

  • 工房探訪 アフターゴルフ 県内1位の身近な成績で集客力UP

  • アメリカン俱楽部の役目は終わった 高額地クラブ路線に舵を切る諸般の事情

関連記事

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン