1. ニュース
  2. メーカー

ミズノ、ボール契約でやっと一流

メーカー 編集部

 
両プロを含め、同社ボール使用契約のプロは男子8名、女子6名となった。壇上には鈴木、飯島のプロゴルファーに加え同社ゴルフ担当取締役の松下真也氏も登壇。冒頭の挨拶で契約に至る経緯を語った。
  
「同社は05年にボール事業に参入しましたが、当時はミズノがボールを出したということで瞬間的に市場で風が吹いたと思います。しかし、トーナメントプロの使用がないことで、プロからの評価もなく、売上にも貢献しませんでした。プロに使ってもらって始めて一流。そういうレベルまでやっとこれました」--。そんな想いが今回の契約に繋がっていることはいうまでもない。
 
鈴木、飯島プロは契約の決め手を次のように語った。
 
「ミズノがボール事業に参入した時点で、ボールも含めてすべてミズノの商品にしたかったのですが、当時は使えるボールではありませんでした。5年経ってフルショットでは申し分なく、これであればツアーを戦えると思いました。ただし、他社のボールで昨年優勝していましたので、今変える必要はなかった。でもミズノさんがボールに注力していましたので、これで戦っていこうと契約しました」(鈴木プロ)
 
「4年前からミズノのボールを試してはいましたが、今回のボールでは平均飛距離も伸びて、スピンも十分掛かりますし、パターの打感が軽い感じがして私の好みなんです」(飯島プロ)
 
同社は『MP』ボールで今年5万ダースを計画する。その他の『X8』シリーズを含めると25万ダース。競技系ボールの激戦区に本格参入するだけに、同社ボールでの1勝が期待される。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ゴルフシューズ「WIDE STYLE」シリーズ3モデル発売

  • ミズノ 世界戦略モデル『ST200X』『ST200』ドライバー、『JPX200X』アイアン

  • 最年少現役高校生プロ、西郷真央がミズノと契約

  • ミズノ、組織一部変更と人事異動のお知らせ

  • ミズノ、人事異動のお知らせ

  • 日本のゴルファー向けのやさしさと禁断のβチタンを採用した Mizuno Pro MODEL-E/S