1. ニュース
  2. メーカー

キャロウェイ、「New LEGACY」シリーズ発表会を開催

 
LEGACYシリーズとして2代目となる『New LEGACY アイアン』は、「打ちやすい軟鉄鍛造アイアン」というコンセプトを継承しながら、前作を超える「ソフトフィーリング」を追求し、開発されたモデルだという。
 
同製品は、フェースを大きく見せながらも、トップラインをややストレートにすることで、構えやすさを追求。
 
トレーリングエッジの中央部を凹ませた「LEGACYカッティング・ソール」により接地面積を小さくすることで、様々なライに対応し、よりスムーズなソールの抜けを可能にしたとのこと。
 
また、前作モデルに比べラバーをキャビティのトウ・ヒールまで広範囲に配置。「New VAR メダリオン」により、インパクト時の余分な振動を最小限に抑え、心地良いソフトな打球感を実現したという。
 
同社スタッフプレイヤーの甲田良美プロは、同製品について次のように語った。
 
「すごく構えやすくて、打感もソフト。振り抜きも良く、弾道が強いのでとても気に入っています」
 
さらに、『New LEGACY ユーティリティ』も発表。
 
フェース素材に『New LEGACY アイアン』と同じ反発性能に優れたハイストレングス・スチールを採用。ボール初速が向上し、高い飛距離性能を実現。
 
抜群の抜けを可能にするソール形状と、構えやすくボールを上げやすいヘッド形状にこだわったという。
 
ラインアップも豊富で、#2(18度)、#3(21度)、#4(24度)、#5(27度)の4種類から選択可能だ。
 
アベレージゴルファーから上級者まで、全てのゴルファーに対応したモデルといえる。
 
また、同時にレディスモデルもラインアップする。

キャロウェイゴルフによれば、7月から徐々にニューモデルの情報発信をスタート、8月のお盆前には試打クラブをショップへ供給していくとのこと。発売前に話題性を提供することで、他社が9月に発売を予定する新製品の機先を制するのが狙いだ。
 
なお、発売は9月中旬予定。価格やシャフトバリエーションなどの詳細はキャロウェイゴルフへ、0120~300~147。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 完成まで34年?『エピックフラッシュ』はさらなるボール初速を求めて生まれた

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • キャロウェイの2019年新製品は1月8日発表

  • キャロウェイゴルフ、2018年上期の好業績を発表

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?