1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. メタルとソフトのコラボスパイク

メタルとソフトのコラボスパイク

構造は通常のソフトスパイク中央部分にセラミックの突起が付属している。これにより、メタルスパイク部分が芝に埋まり、ソフトスパイク部分が芝を掴みしっかりとグリップという。
 
現在、米PGAツアー上位選手やJGTO上位ランカーが使用しているが、目的は飛距離UPだとか。スイング中メタルスパイク部がしっかり地面をホールドすることで、理想通りのスイングができパワーをロスすることなく正確にボールへ伝えことができるからだという。
 
ただし、この『プロスティンガー』は、メタルスパイクに区分されるため、ゴルフ場での使用には事前確認が必要となる。
 
タイプはネジ式とトライロックの2種類で、22個+簡易レンチがついて4200円となっている。
 
問い合わせはテイクスインクへ、045~949~8001。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 『Aグラインド ウエッジ』に粋なブラック

  • FJ用オリジナルチャンプ鋲4色登場

  • 新素材で初速アップの『EXOTICS EX9』

  • 二つのヘッド重量『Aグラインド440ドライバー』

  • FJ用スティンガーⅢに新色

  • FP統一の『AグラインドR1』